子どものミカタ

親子が共に成長するための秘訣|24時間子育て相談

LINEで相談する

親子が共に成長するための秘訣|24時間子育て相談

親子が共に成長するための秘訣|24時間子育て相談

2023/11/10

親子間のコミュニケーションは、両者が成長し、相互に理解を深めるための基盤です。しかし、それは容易なものではありません。特に、子どもが成長するにつれ、親子の関係性や子どもの悩みも変わってきます。本日は、これらの問題を解消する方法を科学的根拠とともにお伝えします。

オープンな対話の基本のステップ

 Step 1: 目的を明確に 何を達成したいのか明確にする

話が散漫になるのを避けるために、話題を明確にしましょう。

子どもの話を聞く時には、子どもの望みや困りごと、その背景を理解する姿勢が必要です。

このステップは、効果的なコミュニケーションの心理学に基づいています。

 

Step 2: 事実と感情を分けて考える

「どうしてそう思うの?」と質問することで、自分や相手の感情や考えに気づくチャンスが増えます。

感情と事実を明確にすることで、より建設的な対話が可能になります。

 

Step 3: 子どもの意見を尊重 する

子どもの独自の考えや意見を尊重することで、真の意味での対話が生まれます。

この点は、脳科学においても、子どもの意見が自主性や創造性を高める要素とされています。

 

Step 4: 具体的な次のステップを決める

背景を含めて、子どもの状況を理解することができたら、次は、実行に移せるように、具体的に何をするのかを、子どもの意見を聞きながら、一緒に考えるようにしましょう。

実行に移すための鍵は、子どもの意見や感情にも耳を傾け、自分の考えだけを押し付けないようにしましょう。

具体的には、自分の意見を述べる前に「私はこう思うけど、どう思う?」と尋ねるなどして、子どもにも発言の機会を提供することが重要です。これにより、 対話が行動につながり、実際に問題が解決する可能性が高まります。

対話をすることのメリットは、子どもの理解が深まり、親子の信頼関係が強まります。

実践方法

聞く姿勢を持つ: 子どもが話す際は、しっかりと耳を傾けます。

 

目を見る: これにより、子どもに尊重と興味を示します。 オープンな質問を使用: 例えば、「どう思う?」と聞くことで、子どもが自分から話しやすくなります。

 

自分自身もオープンに: 親自身も、自分の感情や考えも隠さず、オープンに話します。

事例に基づく説明

・オープンな対話

10歳の田中くんは、最近学校での成績が下がってきました。母親は、「何が原因か?」と聞き、田中くんが「授業がつまらない」と答えたことから、対処の方向性が見えてきました。

 

・感情の認知と共有

14歳の佐藤さんは、最近親に反抗的です。父親は怒りを抑え、自分も反抗的だった経験を共有しました。これにより、佐藤さんは心を開きました。

 

・自主性を尊重する

高校生の鈴木ちゃんは、大学で美術を学びたいと希望していますが、親は医学部を望んでいます。鈴木ちゃんの母親は「なぜ美術なのか?」と具体的に聞き、その考えに理解を示し、応援することにしました。

このように、親子間のコミュニケーションはお互いにとって成長と理解の場となります。

上記のステップと実践方法を用いることで、より健全な親子関係が築けるでしょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

オンライン上でコーチング相談

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。