子どものミカタ

「なんだかモヤモヤ…」その感覚、一緒に言葉にしてみませんか?|オンライン子育て相談

LINEで相談する

「なんだかモヤモヤ…」その感覚、一緒に言葉にしてみませんか?|オンライン子育て相談

「なんだかモヤモヤ…」その感覚、一緒に言葉にしてみませんか?|オンライン子育て相談

2023/11/08

こんにちは、イサカユキです。

25年以上の保育の経験を背景に、親御さんや教育関係者の方の理想をカタチにするために、コーチングという技法を使ってサポートをしています。

仕事と家庭を両立していると、「なんだかよくわからないけど、胸のあたりがモヤモヤする」という感覚を感じていませんか?

 

この感覚の背後には、私たちの「顕在意識と無意識」の中に秘められたメッセージがあります。意識していることと、無意識の中で感じていることが食い違っている場合、このようなモヤモヤ感が生まれることがよくあります。

 

ここで大切なのは、この感覚をただ放置するのではなく、しっかりと言葉にしてみること。言葉にすることで、自分の中で不明瞭だった部分が明確になり、問題の核心を掴む手助けとなります。

このように、現状の問題や課題に対する理解を深め、解決の道を見つけることができるのが、コーチングです。

 

以下に、相談者の方に行なっているコーチングのステップをご紹介します。このステップを踏むことで、自己反省と理解を深めることができますよ♡

自己反省と理解を深めるコーチングのステップ

1. 自分の現状の確認

まずは、自分が現在どのような状況や状態にあるのかを正確に理解することから始めます。これにより、対処すべき課題や問題点が明確になります。

 

2. 感情や考えの言語化

自分が持っている感情や考えを具体的な言葉で表現することで、内面のもやもやや曖昧さをクリアにします。これは、自分の感じていることを明確にするための重要なステップです。

 

3. 現状に影響を与える要因の特定

問題の背景にある要因や影響を受けている外部の環境を特定します。価値観や過去の経験、未来への不安など、さまざまな要因が現状に影響を与えている可能性があります。

 

4. 具体的な対策の検討

特定した問題や要因に対して、どのようなアクションや手段を取れるかを考えます。このステップでは、実際に問題解決に向けた具体的な計画を立てることが求められます。

 

5. 行動の実行

考えた対策を実際に行動に移します。このステップが最も実践的で、ここでの行動が問題解決に繋がります。

 

6. 振り返りとフィードバック

行動を起こした後、その結果や反応を振り返ります。何が上手く行ったのか、何が上手くいかなかったのかを評価し、次回の行動に生かすためのフィードバックを自分自身に与えます。


上記のステップを使うことで、日常の小さなモヤモヤから、大きな問題まで、しっかりと向き合い、解決することができます。私も以前は、この「言語化」が苦手でした。しかし、コツさえ掴めば、言葉にすることができるようになり、心が軽くなるのを感じることができました。

ぜひ、トライしてみてくださいね。

 

1人では難しいという方は、あなたの心の中にあるモヤモヤ、一緒に言葉にしてみましょう。ぜひ、LINEのお友だちに登録し、無料カウンセリングをご利用ください。あなたの心のモヤモヤを解消する手助けをさせていただきたいと思っています。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


オンライン上でコーチング相談

子育ての悩みをオンラインで相談

オンライン上で柔軟な個別相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。