子どものミカタ

子どもに正論を説明しても効果がない理由|オンライン子育て相談

LINEで相談する

子どもに正論を説明しても効果がない理由|オンライン子育て相談

子どもに正論を説明しても効果がない理由|オンライン子育て相談

2023/09/23

子育てや教育の場で、親や教育者が陥りがちな誤解や勘違いの一つは、「子どもに正論を説明して理解させることができる」という信念です。多くの人々がこの方法を試みますが、実は効果的なアプローチではありません。心理学と脳科学のエビデンスから、なぜ子どもに対して正論を説明することが効果がないのか、詳しく説明しましょう。

誤解1: 子どもは成人と同じ論理を理解できると思う

一般的な誤りの一つは、子どもが成人と同じ論理を理解できるという前提です。親や教育者は、子どもに対して論理的な説明を行い、問題の解決や適切な行動を期待します。しかし、子どもの脳は成人の脳とは異なり、発達段階に応じて情報を処理する能力が異なります。

脳科学の裏付け

脳科学的に言えば、子どもの前頭前野(論理思考や計画的行動を制御する領域)は未熟です。このため、子どもは複雑な論理や長期的な帰結を理解するのが難しいのです。彼らは主に感情や直感に頼ることが多く、親の正論にはあまり敏感ではありません。

誤解2: 論理的説明が感情的な問題に通用すると思う

もう一つの誤解は、論理的な説明が感情的な問題に効果的であると考えることです。親や教育者は、子どもが感情的になったり、困難な状況に直面したとき、理性に訴えるべきだと信じています。しかし、感情的な状況下では、論理的な説明が通用しづらくなります。

心理学の視点

心理学的に見ると、感情的な状況では子どもの脳が「興奮モード」に切り替わります。この状態では、論理的な思考よりも感情や生存本能が優先されます。したがって、子どもが感情的になったとき、論理的な説明は効果的でなく、かえって逆効果になることがあります。

誤解3: 子どもが反応しないとき、説明を繰り返すべきだと思う

もう一つの一般的な誤解は、子どもが最初に説明を理解しなかった場合、同じ説明を繰り返すべきだという信念です。親や教育者は、繰り返し説明すれば子どもが理解するだろうと期待します。しかし、この方法も効果が限られています。

学習心理学の考察

学習心理学的に言えば、情報を反復して提示することは記憶の強化には寄与しますが、理解を促進する効果は限定的です。子どもはむしろ実際に経験を通じて学ぶことが多いため、説明の繰り返しよりも実際の行動や体験を通じて学習する方が効果的です。

なぜ効果がないのか?要約と改善点

子どもに正論を説明しても効果がない理由は、子どもの脳の発達段階、感情的な状況への影響、説明の繰り返しによる限定的な学習効果が挙げられます。この誤解を踏まえ、より効果的なアプローチを考えることが重要です。改善点として、以下のアプローチが考えられます。

感情的なサポート: 子どもが感情的になったり困難な状況に直面したときに、まずは感情的なサポートを提供しましょう。子どもが安心感を持つことが、理解力を高める第一歩です。

具体的な体験: 子どもに対して、抽象的な説明よりも具体的な体験や実際の行動を通じて学ぶ機会を提供しましょう。実際の経験は理解を深化させます。

コミュニケーション: 子どもとのコミュニケーションを大切にしましょう。子どもが何を考え、感じているのかを理解し、それに合ったアプローチを取ることが重要です。

以上のアプローチを取ることで、子どもの理解力を向上させ、より効果的なコミュニケーションと教育が可能になります。子育てや教育において、”子どもの発達段階と感情的な側面を尊重”することが、より健康な成長を促す鍵となります。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。