子どものミカタ

子どもの気持ちを育む秘訣|オンライン子育てコーチング

LINEで相談する

子どもの気持ちを育む秘訣|オンライン子育てコーチング

子どもの気持ちを育む秘訣|オンライン子育てコーチング

2023/08/22

子どもの成長と学びにおいて、感情や心情を大切にすることが重要ですが、子どもたちの気持ちを理解することは時に難しいこともあります。

 

例えば、1歳半前後や「魔の2歳児」と呼ばれる時期は、自己主張が強まります。この段階で子どもたちは自分の気持ちを率直に表現していますが、大人にとっては理解が難しいこともあります。しかし、こうした時期こそ、子どもたちの感情を冷静に受け入れ、尊重する姿勢が大切です。これにより、子どもたちが感情を整理する手助けにもなります。

 

子どもたちの自己コントロールの未熟さを理解し、受け入れることが鍵となります。特に3歳までの幼児期は感情や思考の制御が未熟で、感情をコントロールすることが難しい時期です。外見上は問題がなくても、内面に葛藤や反発が存在する可能性があります。これを忘れずに向き合うことが大切です。

子どもたちの個性や感情を尊重する経験は、自己肯定感や自信を育む上で役立ちます。子どもが自己表現をし、大人の期待に応えない場面があることは、健全な成長の証です。たとえば、子どもが自分の好きな遊びを選ぶことや、自分の意見を述べることは、彼らが自己を確立し、自信を持つための重要なステップです。

 

同様に、親自身も失敗と成功を通じて成長し続けており、子どもたちと同じく日々学んでいます。親が子どもに対しても自分の感情や経験を共有することで、信頼関係が深まります。たとえば、親が失敗した経験を語ることで、子どもたちが失敗を恐れずにチャレンジする姿勢を育むことができます。

 

子どもの感情を理解するのが難しい場合、自身の内面を振り返ることが役立ちます。特に子育て中の母親は、自身の感情表現に抑制を感じることが多いです。自分の感情を認識し、受け入れることで、子どもたちの感情に共感する力が養われ、より良いコミュニケーションが築かれるでしょう。

感情の理解と受容は、子どもの成長と健やかな関係構築において重要なステップです。

まとめ

子どもの感情理解と育成には、子どもたちの自己コントロールの未熟さを理解し、受け入れることが需要であると言うこと。そして、親自身の感情の理解と受容は、子どもの成長と健やかな関係構築において重要な要素であるという内容でした。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。