子どものミカタ

悩みの沼から簡単かつ迅速に脱出する方法|オンライン子育て相談

LINEで相談する

悩みの沼から簡単かつ迅速に脱出する方法|オンライン子育て相談

悩みの沼から簡単かつ迅速に脱出する方法|オンライン子育て相談

2023/07/07

 あるクライアントさんが「恥ずかしい」という感覚について相談してくれました。

他人にどう思われているかを気にすると、恥ずかしいと感じることがありますよね。

本日は、クライアントさんの悩み解決事例を紹介し、普段、私がどのように、クライアントさんの悩みのサポートしているのかをお伝えします。

 まず、私の体験談からお話しいたします。

 

以前、私は大嫌いで苦手な人がいました。その人の良い部分を見ようと思っても、嫌いな面しか見えないくらいに、苦手意識がある方でした。

しかし、保育の話をする上で、どうしても、その方とお話をする必要があり、わたしは、意を決して、その人とプライベートな話をする機会を設けました。そのときに、今まで知らなかったその人の背景を知ることになりました。そのことがきっかけで、今まで、どうしても受け入れられなかった、その人の嫌な部分を自然と受け入れられるようになったという体験をしました。

そして、そのときに、私は「人の表面的な部分だけで判断するのはやめよう」と思うようになりました。


 クライアントさんは、「何をするにも恥ずかしい気持ちが押し寄せ、自分が恥ずかしいと感じていること自体も恥ずかしいと思ってしまいます」。というお悩みを持っておられました。

 

「恥がしいことに開き直ったら、少しは生きやすくなったけれど、どうしたら、完全に他人の目を気にしなくなれますか?」というご相談内容でした。

 

その方のお話を聞かせてもらうと、率直に「相手を気遣える素敵な方だなー」と感じました。

だから、他人の目を気にしなくなる方法を考えるより、「恥ずかしい」という気持ちが、自分の強みだと心底、思うことができれば、もっと生きやすくやるのではないかと仮説を立てて、お話を聞かせていただくことにしました。そして、その仮説は、合っていました。

 

現在、相談者の方のお話を聞かせていただくときには、表面的な部分ではなくく、背景をじっくり聞かせていただくことを心掛けています。

 

今回の相談者の方は、変わらなくていいことに、変わらないといけないと思い込んでいることが悩みの原因でした。

どんな方も、本人が気づいていないところに、解決となる答えがあるものです。

あなたも、自分が変わらなくていいところを「変わらないといけない」と思い込んで、悩んでいるところはありませんか。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。