子どものミカタ

自己探求と問題解決のための無料カウンセリングサービス|オンライン子育て相談

LINEで相談する

自己探求と問題解決のための無料カウンセリングサービス|オンライン子育て相談

自己探求と問題解決のための無料カウンセリングサービス|オンライン子育て相談

2023/07/24

悩みとは、期待と現実のギャップです。そのギャップを埋める方法が見つかれば、悩みは解消できます。

 

一般的には、悩みの解決方法やアドバイスを提供することが一般的ですが、原因が分からずに行動するのは、穴のあいたバケツに水を注ぐようなものです。

 

私たちは、まず水が溜まらない原因を見つけ、穴を修繕することを重視しています。原因を見つけてから、解決策を考えるという順番が大切だからです。

 

もしかすると、自分自身で穴を見つけられると思われるかもしれませんが、実際には、本人が気づいている穴と、カウンセリングで見つけた穴はしばしば異なります。興味深いのは、その穴に気づいた時、「こんな簡単なことだったのに、なぜこれまで気づかなかったのだろう!」とおっしゃる方が多いことです。

 

本日は、なぜ自分の問題点を見つけるのが難しいのかということを、本サービスを受けてくださっているクライアントさんの体験談を例に挙げてお話ししたいと思います。

その方は、子どもに対して良い声かけをしようと頑張っているものの、子どもが行動に移らないと大声で叱ってしまい、後で自己否定してしまうという悩みがありました。しかし、そのことが特に、とても困っていることもないけれども、いつも頭の隅にストレスを感じているような状態でした。

 

お話を聞かせていただくと、仕事や家事、子育てなどすべてにおいて、本当に頑張っておられる様子を伺えました。本人も、自分の時間が確保できると、頭の隅にあるストレスがなくなるのではないかと考えておられました。そこで、自分の時間をつくるには、どのようにしたらつくれるのかというテーマで解決策を見つけることにしました。

 

しかし、お話をじっくり聞かせていただくと、大声を出してしまう原因は、別のところにあることがわかりました。そして、頭の隅にあるストレスの原因の元は、「子どもにお片付けをさせる」というマイルールを持っていることだということが分かりました。自分のこだわりが問題を引き起こしていたことに気付いた瞬間、「あれもこれもそうだ!」と多くの気づきが起こりました。

 

「片付けを教えること」自体には問題はありませんし、それが問題を引き起こしているとは思いつきませんよね。自分が正しいと信じていることが、自分を苦しめている原因になっているということは、どの相談者にも当てはまることです。だからこそ、自分を客観的に見るということは難しいと思います。

 

「子どものミカタ」では、ご相談者さまの心理的な側面や思考のパターンを客観的に把握し、新たなアプローチや解決策を見つけるサポートを行っています。自分自身の成長と前進につなげてみませんか。

「子どものミカタ」では、取り組むべき課題を見つけるために、無料カウンセリングを提供しています。お申し込みは、24時間WEB受付予約から。ご気楽にご利用くださいね。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。