子どものミカタ

先生の自己成長物語:メンタル困難を乗り越えての復職ストーリー|オンライン子育てコーチング

LINEで相談する

先生の自己成長物語:メンタル困難を乗り越えての復職ストーリー|オンライン子育てコーチング

先生の自己成長物語:メンタル困難を乗り越えての復職ストーリー|オンライン子育てコーチング

2023/07/17

本日は、昨年の秋にメンタル面での困難を抱え、休職された時に、本サービスを受けてくださったクライアントさんの体験談のお話です。

その方は、現在は、小学校の先生をされています。

 

昨年の秋にメンタル面での困難を抱え、休職されました。

今年の春から復職することが決まっていたので、それに向けて、カウンセリングを受けたり、短時間だけ学校に行き、子どもと関わる時間を作り、子どもとの触れ合ったりと準備をされましたが、復職時にトラウマに襲われるのではないかという不安を抱えていらっしゃいました。

そんな時、「子どものミカタ」のサービスを知り、連絡をいただきました。

 

初回のセッションで、「どんな先生になりたいですか」とお尋ねしたところ、以前は先生の役割は「教えること」だと思っていましたが、実際には子どもたちの応援者でありたいとおっしゃいました。

そのためには、周囲の先生からの批判があっても、自分の教育観に自信を持ちたいという想いがおありでした。また、子どもたちの反応に合わせたライブ感のある授業を実現したいという憧れもお持ちでした。

 

本サービスを受けられて、初回のセッションで話された内容が、わずか3ヶ月で実現したそうです。

もちろん、日々、過ごしていると不安や自信喪失に陥りそうになる時もありますが、たとえ、そうなりかけとしても、回復までの時間が非常に短くなったことが、大きな変化だったそうです。

 

そのような変化が起きたのは、クライアントさん自身が、どのような状況でストレスを感じるのかを分析し、その場合にどうすれば回復できるのかを理解できるようになったからだと、私は思います。

 

またクライアントさんはこうおっしゃっていました。

「以前は、自分が不安の穴に落ちていることにも気づかずにいましたが、今は不安の穴に落ちる途中で気づくようになり、自分で穴から這い上がる方法を考えられるようになりました」と。

 

私は彼女のお話を聞いていて、先生にとって重要なのは、子どもと同じ目線で考え、子どもと対等にコミュニケーションを取ることだと改めて、実感しています。

そのためには、先生自身のメンタルが安定していることが、何よりも重要ではないかと、クライアントさんのお話から、私は、そのような感想を抱いています。

心の変化を文章で表すのは難しいので、実感していただくことができるように無料体験を実施ししています。

どうぞ、ご気軽に、お申し込みくださいね。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。