子どものミカタ

親子の成長物語|オンライン子育て相談|岸和田

LINEで相談する

親子の成長物語

親子の成長物語

2024/02/07

 「子どもに余計なことを言ってしまった」と後悔した経験はありますか?
親が子どもに余計な一言を言ってしまうのは、実は深い愛情からくることが多い。

子どもを第一に考え、最善を願っているからこそ、時には子どもにとっておせっかいに感じられることもあります。子どもが成長するにつれて、私たち親も、どのように接すれば良いのか模索するようになります。

 

子どもが自分の道を探し、勇気を持って一歩を踏み出す瞬間は、親にとって大きな喜びです。また、その一歩が、子ども自身の選択によるものであるとき、その価値はさらに増します。 しかし、自分で選んだ道が必ずしも期待通りに進むとは限りません。時には子どもたちが選んだ道が挫折や失敗に終わることもあります。  

 これらの経験は一見するとネガティブに映るかもしれませんが、実は子どもの成長にとって非常に価値のあるものです。 失敗を通じて、子どもたちは重要な人生の教訓を学びます。それは、全てが常に計画通りに進むわけではないという現実と、どのような状況でも前向きに進み続ける方法です。

 

 自立の道を歩み始める子どもたちにとって、成功だけでなく失敗からも学ぶことは、子どもが将来直面するであろうさまざまな挑戦に対処するために不可欠なスキルを養います。

 親としては、子どもが失敗から立ち直り、それを乗り越えてさらに成長する過程をサポートすることが求められます。 子ども自身が自分の選択とその結果に責任を持つことを学ぶよう、適切な励ましのことばやサポートが重要です。

 

 このようにして、子どもたちは自分自身の強さと回復力を発見し、将来的にはより大きな自信と自立心を持って新たな挑戦に臨むことができるようになります。

  育児に「絶対の正解」は存在しません。理想と現実のバランスを取りながら、自分なりの育児スタイルを見つけることが大切。この探求の過程で、親も子どもと共に学び、成長していくのが子育ての素晴らしさである。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。