子どものミカタ

"いい子"の危険性⚠️ 現代育児の落とし穴に迫る|子育て問題ブログで解決

LINEで相談する

"いい子"の危険性⚠️ 現代育児の落とし穴に迫る

"いい子"の危険性⚠️ 現代育児の落とし穴に迫る

2024/01/08

本日は、子どもたちの自立を阻害する現代の育児方法について深く掘り下げます。

以下の点は、子どもが自分で物事を判断し、行動する能力を育てる上での障害となります。

過保護: 常に親が介入して物事を解決することは、子どもが自分で何かをする機会を奪います。

 

過干渉: 子どもの選択や行動に対して過度に管理や指示を行い、自分で判断する機会を制限してしまいます。

 

親の価値観: 子どもに自分で決定する機会を与えず、常に親が決めることで、自己決定能力の発達が妨げられます。

 

失敗をさせない: 子どもが失敗することを過度に恐れ、失敗をしないように先回りして教えることです。

 

期待しすぎる: 子どもに対する期待が高すぎると、子どもがプレッシャーを感じたり、子どもが親の期待に応えようとすることで、自らの目標を持でなくなってしまいます。

 

親が判断: 子どもの選択に干渉したり、批判したりすることで、常に指示を待って行動するパターンを刷り込んでしまいます。

これらのアプローチは、子どもの自立心や自己効力感を阻害し、成長に重要な自己決定能力の発達を遅らせる可能性があります。

25年間、保育の現場で働いた私も、最初の10年は「教える」技術の向上に尽力しました。確かに、教えるほど子どもたちは成長します。

しかし、ある大きな体験を通じて、私は保育に対する考え方を根本から見直しました。

子どもの「学ぶ力」の発見

ハイハイする子どもが、何度も転びながら立ち上がり、ついには歩き始める瞬間を想像してください。これは、子ども自身の内なる力、学ぶ力の素晴らしい証です。この過程で「歩くのは危ないからやめなさい」とは言わなかったはずです。なぜなら、私たちは、子どもが歩けるようになることを信じていたからです。

 

成長と共に変わる親の役割

子どもが成長するにつれ、私たち大人は、手出し、口出しを増やしてしまう傾向があります。しかし、これらの行動は、子どもが自ら考え、行動するチャンスを奪うことになりかねません。子どもの成長に合わせて、私たちのサポートも変化させる必要があります。

 

失敗からの学びの大切さ

子どもが小さいうちは手助けが必要ですが、成長に応じて徐々に手を引くことが重要です。たとえ失敗しても、それによって得られる学びは計り知れません。失敗は、成功よりも大きな教訓を子どもに与えます。

 

サポーターとしての親

子どもにとって親は「教師」ではなく「サポーター」であるべきです。子どもに期待を持たず、彼らの自然な成長と個性を尊重することが、真のサポーターの役割です。子どもたちが自分の力で世界を発見し、その過程で学ぶことを信じることが、子どもの心を豊かに育む鍵です。

 

結論

子どもは教えられるだけではなく、自分で学ぶ力を持っています。親や保育者は、その力を信じ、適切なサポートを提供することで、子どもたちが自信を持って自分の道を歩むことを助けます。子どもの自立と自己成長を尊重する心が、親としての最大の贈り物です。

このようなサポーターの役割を果たすためには、大人自身が学ぶことが必要です。

そこで、私たちは「子どもの自立をサポートする方法」に関する無料ワークショップを開催します。

興味のある方は、《無料》ワークショップのお知らせ◀ここをタップ!でご確認ください。

 

子どものために「教える」ことを超えた、新しい関わり方を一緒に学びましょう。

皆様のご参加を心よりお待ちしています。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。