子どものミカタ

子どもの才能を見落としてしまう原因(その2)|オンライン子育て相談ブログ

LINEで相談する

子どもの才能を見落としてしまう原因(その2)

子どもの才能を見落としてしまう原因(その2)

2024/01/18

子どもの才能開花における2番目の重要な要素は「教えないことの価値」です。

 

子どもの才能を最大限に開花させるためには、「教えないことの価値」を理解し、受け入れることが不可欠です。これは、教育の本質を見直すというコンセプトです。情報を伝える -すなわち「教える」ことに焦点を当てる熱心な親や教育者もいますが、子どもたちにとって最も重要なのは、探求し発見する過程で自ら学ぶ意欲を育むことです。

 

生まれながらにして好奇心旺盛な子どもたちは、自ら問題に立ち向かい、解決策を見つけることで、知識を深め、思考力や問題解決能力を養います。親が過度に介入すると、この貴重な自発的学びの機会が奪われ、子どもたちの自立心や創造力を損なう恐れがあります。

 

教育心理学の研究は、内発的動機付けが学習促進において外部からの報酬や指示よりも効果的であることを示しています。子どもが自分のペースで学び、自分の能力を信じることを奨励することは、彼らの個性を認識し尊重することにつながります。「遊び」は、子どもが世界を理解し、能力を試し、社会的スキルを磨くための最も自然な方法です。

 

私の保育経験からも、遊びと探求が融合した環境が、子どもたちの才能を効果的に開花させることを確信しています。子どもが自らの思考に従い行動することを支援することで、彼らは自立し、創造的な問題解決者へと成長します。これは、実生活で直面するさまざまな課題に対応できる力を育むことを意味します。

 

親や教育者には、子どもたちの才能を引き出すために伝統的な役割を再評価し、ガイドとしてのみならずサポーターとしての役割を強化することが求められます。私たち大人たちは子どもたちの学びのパートナーとして、子どもの探求を共に楽しみ、子どもの成功体験を祝い、失敗からの回復を支援することが大切です。

 

これらの要素を意識して実践することで、子どもたちの才能は磨かれ、未来のチャレンジに向けて自信を持って一歩を踏み出す準備ができます。子どもたちの才能を見落とさずに済むように、子どもの遊びの中に隠された学びの機会を理解し、その力を信じることが、才能開花の鍵となります。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。