子どものミカタ

子育ての新常識:弱みを強みに変える育児のアプローチ|子育ての悩みをブログで解決

LINEで相談する

子育ての新常識:弱みを強みに変える育児のアプローチ

子育ての新常識:弱みを強みに変える育児のアプローチ

2024/01/09

「良い大学→良い会社→安定した年金生活」という昔の成功モデルは今や過去のもの。

時代の変化と共に、私たちの子育ての方法も変わっていますが、皆さんは、どのように対応していますか?現代の子どもたちには、どのような能力が必要でしょうか?

今後の時代を生き抜く子どもたちには、以下の能力や資質が必要です。

 

自己学習能力: 情報技術の進歩により、学習資源が豊富になり、自ら学ぶ力が重要になっています。子どもたちが自主的に学び、問題解決能力を身につけることが大切です。

柔軟な思考: 予測が難しい未来においては、固定観念にとらわれない柔軟な思考力が求められます。多様な視点を持ち、異なる意見を受け入れられる子どもを育成することが重要です。

コミュニケーション能力: 国際化が進む社会で、異文化を理解し、効果的にコミュニケーションを取る能力が不可欠です。共感力や協調性を育て、他者と協力して成果を出せるようにすることが求められます。

創造性とイノベーション: 新しい問題に対して独自の解決策を考え出す創造力が重要です。子どもたちが自分のアイデアを信じ、実現できる力を育むことが重要です。

レジリエンス(回復力): 失敗や困難から立ち直り、再び挑戦する力が重要です。子どもたちが挫折に直面しても前向きに取り組むようサポートすることが大切です。

 

これらの能力を育むためには、単に知識を詰め込むだけの教育ではなく、子どもたち一人ひとりの興味や強みを理解し、それを伸ばすサポートが必要です。

また、子どもたちが自分で考え、行動する「自律」を促すことが、これからの時代を生き抜く上での鍵です。

子どもたちの興味や強みを理解し、価値を磨くためには、親自身の思考や行動に対する深い洞察が必要です。自分の思考のバイアスを自覚するのは難しいですが、子どもたちをサポートするためには、この自己認識を高める努力が不可欠です。

 

個性の理解: 子ども一人ひとりの個性や特性を深く理解することが重要です。これには、子どもの行動や反応、興味を観察し、オープンな対話を通じて理解を深めることが含まれます。

弱みを強みに変える: 弱みとされる特性が、特定の状況や視点から見れば強みになり得ることを理解することが大切です。例えば、落ち着きがない子どもは、エネルギッシュで創造的な側面を持っている可能性があります。

成長マインドセットの促進: 子どもたちに「固定された能力」ではなく「成長可能な能力」を持つことを伝え、自己受容と自己改善のバランスを教えます。

 

しかし、私たちがよく見落としてしまうのが、一見の弱みが実は強みであるという事実です。

これはなぜでしょうか?それは、私たちには固有の思考パターンやバイアスがあるからです。特に、親が子どもに「こうなってほしい」と期待するとき、弱みの中に隠れた強みを見落とすことがあります。

「では、どこから始めればいいのでしょうか?」

 

自己認識の向上: 自分の思考パターン、価値観、期待、そしてバイアスを理解しようとすることが大切です。これには、自分の行動や言動を客観的に観察し、自己反省する機会を持つことが含まれます。

親の執着の手放し: 子どもに対する「こうなってほしい」という自己の望みや執着を手放すことは、子どもの真の興味や能力を見極める上で重要です。子どもの「ありのまま」を受け入れることが、子どもの自己肯定感の基盤になります。

仮説検証のプロセス: 子どもの行動や反応に対する仮説を立て、それを観察し、検証するプロセスを繰り返すことで、子どもの真の興味や強みをより深く理解できます。

子育てに関する知識を学ぶことは重要ですが、それを実生活に活かすことがもっと重要です。

理論と実践のギャップを埋めるためには、学んだことを具体的な行動に落とし込む練習が必要です。子育ては常に変化し、新しい挑戦を伴うプロセスです。そのため、継続的な学びとその適応が求められます。これには、子育てのセミナーやワークショップに参加することや、同じ立場の親たちとの情報共有が有効です。

 

親としての自己成長と自己認識の向上は、子どもたちの健全な成長と発達にとって非常に価値があります。子どもたちの興味や強みを正しく理解し、それを伸ばすためには、親自身が学び、成長し、柔軟に対応することが重要です。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。