子どものミカタ

保育の現場の実体験から学ぶ、小さな変化、大きな影響|子育ての悩みに答えるうブログ

LINEで相談する

保育の現場の実体験から学ぶ、小さな変化、大きな影響

保育の現場の実体験から学ぶ、小さな変化、大きな影響

2023/12/24

保育者は子どもたちに先立って、豊富な知識と経験を積んでいますが、子どもたちから学ぶこともまた多いものです。

子どもたちのサポートを通じて感じる達成感だけでなく、子どもたちの純粋さや成長の過程に接することで、心が温かくなる瞬間がたくさんあり、その感動や学びは、言葉では表せないほどです。

保育者が子どもたちと対等な関係になることは、子どもたちにとっても、子どもたちが自分の興味に従って活動を選択し、自己肯定感や社会的スキルを養うことができるます。

つまり、対等な関係を築くことは、お互いが得られることが多く、成長にとって大切な機会となります。

保育者のプライドの影響

 

保育者のプライドは、保育現場での子どもの振る舞いや関係に大きな影響を及ぼします。

 

保育者が自己の専門性に自信を持つことは重要ですが、それが過度になると、子どもたちの意見や感情を無視する傾向が生じます。

これは子どもたちの自己肯定感を損なう原因となり、保育者自身も重要な学びの機会を失います。

 

保育者が誤りを認め、子どもに謝罪することは、子どもたちに大人が完璧ではないこと、そして間違いを認めることの大切さを教えます。

子どもたちとの対等な関係を築くことは、保育者自身にも新たな視点をもたらし、自己成長の機会となります。

理解と共感の促進

保育者が子どもたちとの関係性を深めるためには、理解と共感が不可欠です。子どもたちの言葉や行動に対する深い理解と共感は、彼らが安全で支えられていると感じる基盤を提供します。

 

子どもたちの感情を理解し、共感することで、子どもたちは感情を適切に表現する方法を学び、社会的スキルを発達させます。

結論

保育者と子どもとの関係性における「対等な関係の重要性」、保育者の「プライドの影響」、そして「理解と共感の促進」は、子どもの成長において不可欠です。

 

保育者は、子どもたちと対等な関係を築き、彼らの言葉に耳を傾け、感情に共感することで、子どもたちからも多くを学ぶことができます。

 

私たちの行動一つ一つが、子どもたちの未来に大きな影響を与えることを忘れずに、日々の関わり方を見直し、より良い関係性の構築を目指しましょう。保育者としての自己成長も忘れずに、子どもたちのニーズや意見に常に耳を傾け、それらを反映させる努力を続けることが、良質な保育の基盤となるのです。

🌱 保育の現場からの学び 🌱要約

✨ 対等な関係性の重要性:

子どもと保育者は、共に学び合う関係。子どもの自己肯定感と社会性の成長には、対等な関係が鍵です。子どもたちの意見を尊重し、一緒に活動を選択することで、互いに成長できます。

 

🤝 保育者のプライドと成長:

プライドは大切だけど、バランスが必要。子どもたちの意見を受け入れ、間違いを認めることで、子どもも大人も共に学びます。子どもたちと対等に接することで得られるものは無限大。

 

👂 理解と共感:

子どもたちの言葉や感情に耳を傾け、共感することが重要。これにより、子どもたちは安心感を得て、社会的スキルを発展させます。

 

#保育 #子どもと学ぶ #対等な関係 #共に成長 #保育者の成長 #理解と共感

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。