子どものミカタ

『親も子も幸せになるための心理学』幸福感と充実感をもたらす新たな視点Part2|オンライン子育て相談

LINEで相談する

『親も子も幸せになるための心理学』幸福感と充実感をもたらす新たな視点Part2|オンライン子育て相談

『親も子も幸せになるための心理学』幸福感と充実感をもたらす新たな視点Part2|オンライン子育て相談

2023/09/18

前回に引き続き、子育てと教育において、新たな視点から子どもの可能性と幸せに焦点を当ててみましょう。子育てや教育においての悩みはつきませんが、新しいアプローチや心理学の理解によって、より良い結果を得ることができるかもしれません。

子どもを信じる力

子どもを信じることは、子どもへの最大のサポートです。子どもたちは自己肯定感を高め、成功への自信を持つために、親や教育者からの信頼を必要とします。子どもたちが自分を信じられていると感じると、自己評価が向上し、成長の道をより自信を持って進むことができます。

 

子どもの素晴らしさを発見する「心眼力」

子どもたちはそれぞれ異なる個性と特長を持っています。大人の「心眼力」を養うことで、子どもたちの素晴らしさを発見しやすくなります。保育者や教育者として、子どもたちとの接し方に注意を払い、彼らの個性を尊重しましょう。子どもたちが自分らしく輝ける場を提供することが、彼らの可能性を最大限に引き出す秘訣です。

 

親が楽であれば子どものこころが育つ

子育てにおいて、親が楽であることが子どもにとって最高のプレゼントです。子どもたちは家庭が安心できる場であることを望んでいます。親がストレスやプレッシャーに苦しむことなく、リラックスできる環境を提供することは、子どもたちの心の健康に直結します。

親が「手抜きができること」や「助けを求めることができること」を実践し、完璧主義から解放されることは、子育ての成功につながります。小竹恵さんと小笠原舞さんの共著『いい親よりも大切なこと』は、この視点を詳しく説明しています。

 

子育てと教育の新しいアプローチ

新しい視点から子育てと教育に取り組むことで、親や教育者と子どもたちの関係性を変えることができます。子どもたちの可能性を信じ、肯定的な環境を提供することが、子育てと教育の成功のカギです。

新しい視点を取り入れ、子どもたちが自己実現し、幸福に成長できるようサポートしましょう。親も子も幸せになる子育てと教育を実現するために、新たな視点とアプローチを取り入れてみてください。

まとめ

子育てと教育の新しいアプローチは、子どもたちにとっても、親や教育者にとっても幸福感と充実感をもたらします。子どもたちの可能性を信じ、共に成長する喜びを味わいましょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。