子どものミカタ

「甘やかし」と言われても、気にしなくていいの?|子育ての悩みやイライラ

LINEで相談する

「甘やかし」と言われても、気にしなくていいの?

「甘やかし」と言われても、気にしなくていいの?

2023/12/02

子どもたちが自立心を育むことは子育てにおいて不可欠ですが、子どもの「やりたくない」気持ちをどのように受け止め、支援するかは大きな課題です。

今日は、この課題をテーマに、「やりたくない」という気持ちに対処するために重要なことをお伝えします。

1. 自立の真の意味

自立は単に物理的な能力に限らず、感情的な自己管理能力も含みます。子どもが自分の感情を認識し、それに適切に対処する能力は、長期的な社会的成功と関連しています。子どもが「やりたくない」と言う時、その感情を理解し、それに応じたサポートを提供することが重要です。

2. 甘やかしに対する誤解の解消

子どもの代わりに何かをすることが必ずしも甘やかしや依存を生むわけではありません。子どもが望んでいることサポートすることは、子どもが親への信頼を築く機会として捉えることができます。これは、他人との健全な関係を学ぶ機会のもなります。

3. 親のメンタルケアの重要性

親自身のストレス管理は、子どもの発達に直接的な影響を及ぼします。親が自分の感情を適切に処理することで、子どもに対する肯定的な態度と行動を促します。

例えば、先日のクライアントさんは、子どもに自分のイライラした気持ちをぶつけてしまうという問題を抱えていました。彼女はなんでも自分で完璧にこなす方で、他人に頼ることに苦手意識を持っていました。しかし、他人に頼ることの定義を再確認し、助けを求めることに対する抵抗感を減らすことで、子どもが自分でできることが増え、親子の関係が改善されました。

4. 他人への依存と自己効力感のバランス

自立は、自分の能力と他人への適切な依存のバランスから成り立ちます。このバランスを見つけることで、親子共にストレスを軽減し、より健全な関係を築くことが可能です。子どもが自分でできることと、手伝って欲しいことを明確に区別し、それに応じたサポートを提供することが重要です。

5. 実践的なアドバイス

子育てでは、親が自己の感情を理解し、必要な時に他人に頼ることが重要です。子どもにも自分の感情を理解し、他人に助けを求めることの大切さを教えることが、彼らの健全な自立を促すことにつながります。

結論:自立への道

「やりたくない」という子どもの感情を理解し、適切に対応することは、子どもの自立において重要な役割を果たします。子どもたちに自分の感情を理解し、他人に頼ることの大切さを教えることは、彼らが健全な自立を達成するための重要な要素です。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。