子どものミカタ

日々の小さな積み重ねが子どもの成長に与える影響|子育て相談ブログで解決

LINEで相談する

日々の小さな積み重ねが子どもの成長に与える影響

日々の小さな積み重ねが子どもの成長に与える影響

2024/01/03

多くの親御さんは、子どもの教育において、習い事や学業の成績など「目に見える成果」に焦点を当てがちです。

しかし、実はそれらよりも、もっと重要な要素があります。

本日は、そのことについて、分かりやすく解説します。

忙しい子育てにおいて、共感を持って子どもに接することは、簡単なことではありません。特に忙しい日常では、子どもの感情に耳を傾ける余裕がないこともあります。しかし、この小さな努力が、子どもの心に大きな影響を与えることを忘れてはなりません。

 

子育てにおいて、特別なイベントや教育的な活動も重要ですが、実は日々の積み重ねがもたらす影響は計り知れません。朝の「おはよう」という一言や、食事の時間に交わす会話、就寝前の読み聞かせなど、日常の小さな瞬間は、子どもにとって安心感や愛情を感じる大切な時間です。

 

例えば、忙しい朝の支度中に子どもの話を聞くことは、簡単なようでいて実は大きな意味を持ちます。

 

子どもが学校での出来事を話したり、何気ない質問を投げかけたりするその瞬間は、親への信頼を深める貴重な機会です。このように、子どもは日常の一つ一つの瞬間を通じて、親との信頼関係を築き、コミュニケーション能力や感情の表現を学びます。

 

加えて、子どもは日々の小さな行動や対話を通じて、感情の調節やストレス管理のスキルを学んでいきます。

 

例えば、家族での食事の時間に、1日の出来事や感じた感情について話すことは、子どもにとって感情を共有し、理解される経験となります。このような経験は、子どもが将来、社会の中で他人と関わる際にも大いに役立つでしょう。

 

子育てにおいて「正しい方法」を見つけようとする中で、私たちはしばしば、子どもの小さな声や感情に耳を傾けることを忘れてしまいます。しかし、子育てにおける「共感」は、まさに金言と言えます。子どもが経験する喜びや悲しみ、挫折や成功を理解し、共感することで、親子の絆は一層深まります。

 

共感を示すことで、子どもは自分の感情が大切にされていると感じ、受け入れられることから安心感と自己肯定感を育みます。共感を示すことは、子どもが自己の感情を適切に理解し、表現する能力を高める助けとなります。

 

私自身の経験からも、子どもが何かを話すとき、単に「うん、うん」と聞くだけでなく、その言葉に真剣に耳を傾け、感情に寄り添うことの大切さを感じています。

 

例えば、保育現場で子どもが友達とのトラブルを話した際、「そうだったんだね」と共感を示すことで、子どもの表情が和らぎ、更に話をしようとする姿が見られます。そして「先生はわかってくれる」と感じることで、信頼関係が強まります。

 

心理学者の研究によれば、共感は子どもの社会的および感情的スキルの発達に重要な役割を果たすことが示されています。共感を通じて、子どもは他人の感情を理解し、自己認識を高める能力を育てることができます。これは、人間として豊かな感情を育み、社会性を養う上で不可欠な要素です。

 

これらの研究結果は、私たち親にとって、子育ての日々における共感の表現と日常の一瞬一瞬の価値を再確認する良い機会を提供してくれます。子供の健全な成長には、単に教育的な活動だけでなく、日々の小さな瞬間と共感的な関わりが不可欠であるということを、科学的根拠に裏打ちされているのです。

 

これまでのセクションで、子育てにおける共感の重要性と日々の積み重ねの効果を見てきました。

 

では、これらを日常生活にどのように取り入れることができるでしょうか?以下に、実践的なアドバイスをいくつか提案します。

積極的に会話をする: 忙しい毎日でも、子供との会話を大切にしましょう。食事の時や就寝前に、その日あったことや感じたことについて話を聞く時間を作ることが大切です。

 

共感的に聞く: 子供が話すときは、ただ聞くだけでなく、感情に共感し、理解を示しましょう。子供の話に「そうだったんだね」や「大変だったね」と反応することで、子供は自分の感情を受け入れられていると感じます。

 

日常の瞬間を大切にする: 朝の挨拶やおやすみの言葉、ちょっとした励ましの言葉など、日常の小さな瞬間を大切にしましょう。これらはすべて、子供にとって安心感や愛情を感じる重要な瞬間です。

 

親子での共通の活動を設ける: 一緒に料理をする、本を読む、散歩に行くなど、親子で共通の活動を持つことで、自然なコミュニケーションの機会を増やすことができます。

 

これらのアドバイスは、日々の生活の中で簡単に取り入れることができ、親子の絆を深める助けとなります。子育ては、特別な瞬間だけでなく、日常の小さな瞬間にも、価値があると言えます。

本日は、子育てにおける共感の重要性と日常の積み重ねが子どもの成長に与える大きな影響を探求してきました。

 

最後に、特別なワークショップのお知らせです。私たちは、コーチングの要素を取り入れた共感コミュニケーションを体験できるワークショップを開催します。

お子さまの個性を尖らせ、個人価値を高める秘訣を、楽しいアクティビティを通じて体験してみませんか?

 

開催時間: 毎日10:00〜11:00

形式: 基本的に1対1で行います。

実施方法: Zoomを通じてオンラインで実施します。

申し込み方法: LINEで「コーチング」とメッセージをお送りください。

 

コーチングの要素を取り入れた共感コミュニケーションを通じて、子どもたちの可能性を最大限に引き出し、個性を輝かせましょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。