子どものミカタ

学力が向上する自己肯定感の高め方|オンライン子育て相談

LINEで相談する

学力が向上する自己肯定感の高め方|オンライン子育て相談

学力が向上する自己肯定感の高め方|オンライン子育て相談

2023/11/14

子どもたちのメンタルヘルスは現代社会における重要な課題です。

統計によると、子どもたちの約5人に1人が精神的な問題を抱えており、特にGDPが高い国ではその傾向が強まっています。

第一部:自己肯定感の基礎とその重要性

・自己肯定感を高めるプロセスと子どものメンタルヘルス

自己肯定感の強化は、この問題に対処するための鍵となる可能性があります。自己肯定感を高めるためには、まずネガティブな感情を受け入れる「自己受容」が必要です。

これは、ネガティブな側面を認めることで、子どもたちが自分自身の価値を見いだし、自己肯定感を高める基盤を築くことを意味します。自己受容を通じて、子どもたちは否定的な感情や経験と向き合い、それらを乗り越えることができます。

 

・学習成果における感情の役割

認知能力の発達は多くの教育プログラムで強調されますが、最近の研究によると、感情的な側面を向上させることが、より効率的な認知トレーニングにつながることが示されています。

楽しいと感じる学習体験は、子どもたちが固有で持っている学ぶことへの喜びと合致しており、これが彼らの学習効果を高めることに直結します。心を育てることは、結果として知力の向上にも寄与するのです。

第二部:具体的な実践とメンタルヘルスへの影響

・子どもの脳の特性とポジティブな学びの環境

子どもの脳は本来、学習を楽しむようにできていますが、外部からの圧力や評価によってその楽しさが失われがちです。

点数や過度な褒め言葉に依存することなく、子どもたちが内発的な動機付けを保持し続けられる環境を提供することが、自己肯定感を育む上で不可欠です。これは、彼らがネガティブな感情や失敗と健全に付き合い、自己の成長に繋げる能力を培うための基礎となります。

 

・社会貢献と自己評価

他者への貢献は、子どもたちの自己肯定感を高める重要な手段です。

自らの行動が他人や社会に肯定的な影響を与えていると感じることは、彼らの三大欲求の一つである所属欲求を満たすと共に、自己価値を高める効果をもたらします。

例えば、就寝前にその日に行った他人への親切な行動を振り返ることは、子どもたちにとって肯定的な自己評価につながります。これは、彼らの内面の充実を支援し、精神的なバランスを保つのに役立ちます。

まとめ

自己肯定感は、子どもたちの全人的な成長において中核をなす要素です。学ぶことの楽しさを基礎とし、自己受容を通じて内面的な強さを育むことは、学力向上の重要な土台となります。

子どもたちがネガティブな感情と建設的に向き合い、それらを価値ある経験として受け止める能力を育むことは、認知的なトレーニングと同様に重要です。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。