子どものミカタ

子どもの自立への心のジレンマ|オンライン子育て相談

LINEで相談する

子どもの自立への心のジレンマ|オンライン子育て相談

子どもの自立への心のジレンマ|オンライン子育て相談

2023/11/02

自立とは、一人で立ち上がり、自分の力で生きることを意味します。子育ての中で、この自立をどのように導くかは、多くの親が直面する課題となっています。

目次

1. 子どもの自立

2. 親の役割

3. 親の心のコントロール力

まとめ

1.子どもの自立

 

親として、子どもが困難に直面したときに手を差し伸べることは自然な反応です。しかし、その度に手を差し伸べてしまうと、子どもは自分の力で問題を解決する方法を学ぶことができません。実際、失敗を経験することで、子どもはその後の成功への道を築くことができるのです。

それに、親が先回りしてすべてを整えてしまうと、子供は自分の選択や決断の重要性を理解することが難しくなります。自立するためには、自分の選択とその結果に責任を持つことが不可欠です。

しかし、親として子どもを見守ることは簡単ではありません。心の中での葛藤や不安は尽きることがありません。だからこそ、親自身が自分の感情や考えを理解し、適切な距離感を保つことが大切です。

 

2. 親の役割

親の役割は子どもを完璧に育て上げることではなく、子どもが自分自身を育て上げる力を身につけるサポートをすることです。そのためには、時には手を差し伸べず、子どもの力を信じて見守る勇気が求められます。

 

3. 親の心のコントロール力

《具体的には・・・》

1. 感情の管理:子どもが困難に直面したり、失敗したりすると、親としての心配や不安、そして怒りや失望などの感情が湧き上がることがあります。これらの感情に振り回されず、冷静に子どもの状況を評価し、適切なサポートを提供するためには、感情の管理が求められます。

 

2. 状況の受け入れ:親が理想とする子どもの姿や進むべき道と、子供の実際の選択や状況が異なる場合があります。このギャップを受け入れ、子どもの選択や道を尊重することも、心のコントロール力が必要です。

 

3. 自己認識の深化:親自身が自分の感情や考え、そして過去の経験や価値観を深く理解することで、子どもへの接し方やサポートの方法をより適切に行うことができます。

 

4. 長期的な視点の維持:短期的な問題や困難に焦点を当てすぎず、子どもの将来の成長や自立を目指して、長期的な視点でのサポートが必要です。
 

まとめ

子どもの自立をサポートする過程において、親が直面するのはその子を信じて見守ることの難しさです。自然と、子どもが困難や失敗に直面した際、介入して助けたいという感情が湧き上がります。しかし、真の自立のためには、子ども自身がその困難や失敗を経験し、それを乗り越える過程が必要です。

 

このような背景から、親の役割は子どもの完璧な育成ではなく、子どもが自分自身を育て上げる力を身につけるサポートをすることとなります。そのために最も重要となるのは、親の心のコントロール力です。具体的には、感情の管理、状況の受け入れ、自己認識の深化、そして長期的な視点の維持が必要とされます。

 

子どもの自立は、親自身の自己成長や心の成熟をも求めるプロセスであり、両者が相互に影響し合うものです。親が自身の心をしっかりとコントロールし、子どもの成長を信じて見守ることで、真の自立をサポートすることができるのでしょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


子育ての悩みをオンラインで相談

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。