子どものミカタ

子育てにおける「エラー」と「バグ」|オンライン子育て相談

LINEで相談する

子育てにおける「エラー」と「バグ」|オンライン子育て相談

子育てにおける「エラー」と「バグ」|オンライン子育て相談

2023/11/03

子育ては、たくさんの幸せな瞬間がある一方で、思わぬ難しさや挑戦も待ち受けています。

子どもの泣き声や、思春期の反抗、学校での悩みなど、毎日新しい出来事があり、親としてはどうすれば良いのか迷うことも多いですよね。

この難題を理解するために、「エラー」と「バグ」という二つの言葉をを使って考えてみましょう。

エラーは、ちょっとしたミスや一時的な出来事。たとえば、子どもとのちょっとした誤解から彼らを叱ってしまったり、子どもが友だちとの喧嘩で悩んでいるようなこと。

一方、バグは、もっと長く続く、深い問題や誤解を指します。これは、子どもがずっと自分のことを低く見てしまうような気持ちや、親子の間に深く根付いた信頼の欠如として現れることがあります。

でも、バグの影響は、すぐには見えないことも。例えば、子どもが小さいころからの過度なプレッシャーが、大きくなってからの人間関係や自己評価に影響してくることもあります。

 

子育ての中での「エラー」と「バグ」をうまく理解して、上手に対応することで、子どもたちはしっかりと成長していくことでしょう。

さて、「エラー」と「バグ」、これらを見つける方法はなんでしょうか。

まず、自分自身の行動や言動、態度を冷静に振り返ります。最近の変化やストレス、特定の出来事が関係のギクシャクの原因となっている可能性があります。

 

オープンなコミュニケーション:子どもとの対話を大切にし、気持ちや考えを率直に共有することで、問題の原因や背景を理解する手助けとなります。

 

継続的な観察:ギクシャクが一時的なものか、それとも継続的なものかを見極めるために、親子関係の様子を継続的に観察します。

 

外部の意見やフィードバック:親しい友人や家族、専門家などの第三者の意見やアドバイスを求めることで、自分では気づきにくい問題点を発見することができます。

 

専門家の意見を求める:「バグ」と考えられる深刻な問題や、自分自身での解決が難しい場合は、カウンセラーや心理学者などの専門家の意見やアドバイスを求めるのも一つの方法です。

 

親子関係の問題点を診断する際の具体的な事例として、ある親が子どもの学業の成果にばかり目を向け、その過程や努力を評価しないという場面が考えられます。これは一時的なエラーとして捉えることもできますが、継続的にこのような態度を取り続けると、バグとして子どもの自尊心や自己効力感を低下させる原因となり得ます。

まとめ

「エラー」は一時的な要因や状況に起因することが多く、改善のための対策も短期的なもので効果を発揮することが多いです。

一方、「バグ」は長期的な影響や根本的な原因に起因するため、対策や改善も長期的な視点で考えましょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。