子どものミカタ

今、保育現場に柔軟性が求められる理由|共働きの子育てを応援するオンライン保育士

LINEで相談する

今、保育現場に柔軟性が求められる理由|共働きの子育てを応援するオンライン保育士

今、保育現場に柔軟性が求められる理由|共働きの子育てを応援するオンライン保育士

2023/10/23

現在、保育士として、保育園で短時間の勤務をしています。その中で、私が感じている保育現場の問題についてお話しましょう。

保育現場での課題の1つは、大人たちが子どもたちに対してルールを強制することです。

これは、大人たちが子どもたちの安全を確保するために設けたルールであり、非常に重要なものです。子どもたちにルールを守る重要性を教えるのは、保育士の役割でもあります。

なぜ問題なのか?

子どもたちの感情や個性に合わせたアプローチが足りないと、子どもたちは自己成長し、社会と調和する能力を養うことはできません。しかし、大人たちがルールを守ることを第一に考えることで、柔軟性を持つことが足りず、結果、子どもの人権を無視してしまう可能性があります。

問題解決のために必要なこと

1.子ども中心のアプローチ: ルールの適用に関して、私たちの個性や発達段階を考慮し、柔軟に対応できるアプローチを採用することが必要です。

 

2.大人側の意識改革:大人たちのルールを守ることが重要、子どもたちの権利と尊重を優先し、柔軟なアプローチに意識を向ける必要があります。

 

3.AIの進化への柔軟な対応: 社会の変化に対応するために、柔軟性が必要です。AIの進化にも対応し、新しい認識とアプローチを取り入れることが重要です。

まとめ

問題解決は、早急に取り組むべき課題です。社会は急速に変化し、保育現場においても、柔軟な対応が求められます。

大人たちの思考の転換が、子どもたちの成長と幸福に資する一歩となるでしょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。