子どものミカタ

脳の違いがわかれば、親子のコミュニケーションもラクラク|ブログで子育てのお悩み解決

LINEで相談する

脳の違いがわかれば、親子のコミュニケーションもラクラク|ブログで子育てのお悩み解決

脳の違いがわかれば、親子のコミュニケーションもラクラク|ブログで子育てのお悩み解決

2023/10/01

子どもたちとのコミュニケーションが円滑にいかないことでのお悩みはありませんか?

本日は、大人の脳にフォーカスし、子育てに役立つコミュニケーションのヒントをご紹介します。

人間の脳には、異なる特性を持っていることを理解することが、子どもとのコミュニケーションにおける悩みを解決する糸口を見つけられるかもしれません。

脳の違いを理解しよう

大人の脳には、男性脳と女性脳と呼ばれる2つの異なるタイプがあります。性別に関係なく、これらの違いは私たちのコミュニケーションに影響を与えます。男性脳は論理的なコミュニケーションを好み、目的が達成されると会話を終了します。一方、女性脳は感情を通じてコミュニケーションし、話を続けることができます。

違いを受け入れる

男性脳と女性脳の違いは、どちらが正しいとか、どちらが優れているとかではありません。ただ単に異なるアプローチなのです。感性が合うと、コミュニケーションはより円滑になり、親子の関係も深まります。映画を観る際、笑いや涙のタイミングが合うと、一緒に感じることができるでしょう。

胎児期の影響

男性脳と女性脳の違いは胎児期に始まります。妊娠12~22週頃に脳の性分化が起こり、性別によって異なる脳の特性が形成されます。性別は妊娠4~6週で決まり、男性脳の発達にはテストステロンが影響します。一方、女性脳はテストステロンの影響を受けずに発達します。

個人差が大きい

ただし、これらの違いはあくまで平均的な傾向であり、個人差は大きくあります。また、脳は生涯を通じて変化する器官であり、環境や経験によっても脳の機能や構造は変化します。

最近の研究では、性別よりも環境や経験が脳に与える影響が大きいという見解もあります。ですから、男性でも女性でも、個人の経験や環境によって脳は変化する可能性があるのです。

まとめ

子育てにおいて、大人の脳の違いを理解し、適切なコミュニケーションスタイルを採用することは非常に重要です。性別に関係なく、脳の違いを受け入れ、活用することで、親子の関係が深まり、子どもたちの成長をサポートできるでしょう。

感性を共有し、理解し合うことで、子育てはより楽しく、充実したものになることでしょう。ぜひ、大人の脳の違いを理解し、子育てに生かしてみてくださいね。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。