子どものミカタ

大人を悩ます「子どもが言うことを聞かない」を子どもの成長のチャンスに変える方法

LINEで相談する

大人を悩ます「子どもが言うことを聞かない」を子どもの成長のチャンスに変える方法

大人を悩ます「子どもが言うことを聞かない」を子どもの成長のチャンスに変える方法

2023/09/30

子育ては楽しさと課題が常に同居します。その中でも、子どもが言うことを聞かないときや、反抗的な態度をとる時には、多くの親を悩ませます。しかし、この瞬間こそ、大人の成長と子どもの自己肯定感を高めるチャンスです。褒めても叱るのも良くありません。一番効果的な声かけは、強制せず、大人の価値観を押し付けないで、子どもと真摯に向き合うことです。その積み重ねによって、子どもの個性が伸び、自己肯定感が育まれます。

子どもの反抗期は成長のサイン

子どもが反抗期に入ることは、彼らが自己主張を始め、独自のアイデンティティを構築しようとしている証拠です。これは成長の一環であり、大切な段階です。しかし、大人が叱ることで反抗期を抑えつけることは逆効果です。子どもの立場に立ってみましょう。きっと、子どもたちは自分の考えや感情を尊重してほしいと願っています。

叱るより対話する

子どもの反抗期に対処する際、叱るよりも対話することが重要です。子どもの話を聞き、子どもの立場や感情を理解することが大切です。子どもの言葉を尊重して対話することで、子どもの価値観や考えが見えてきます。子どもの価値観や考えを尊重する対話を通じて、子どもたちは自己肯定感を高め、自分のアイデンティティを確立していくことができるのです。

自己肯定感を高める声かけ

子どもに対する声かけは、彼らの自己肯定感を向上させる重要な手段です。褒め言葉は効果的ですが、具体的な行動や努力に焦点を当てることが重要です。子どもが何かに成功したとき、それに対して具体的な賞賛をしましょう。たとえ失敗したとしても、自分で問題を解決しようとしたり、頑張っている姿勢を称賛し、自己肯定感を育てましょう。

子どもの独自のペースを尊重する

子どもたちの成長は、個人差があります。ある子どもが早くあるスキルを獲得しても、別の子どもがそれに追いつくのに時間がかかることは一般的です。また、異なる性格を持っています。大人は子どもの個別の発展を尊重し、比較や競争を避けるよう心掛け、子どもに合わせることが大切です。子どもたちは自分のスピードで成長し、自己肯定感を高めていきます。

まとめ

子どもの反抗期は大人としての成長と子どもの自己肯定感を育む大切な時期です。叱るよりも対話し、声かけを通じて自己肯定感を高めましょう。子どもたちが自分を受け入れ、自分の価値を認識し、自己主張できる環境を提供することで、大人を悩ます子どもの態度は、子どもの成長のチャンスに変えることができるでしょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

子育ての悩みをオンラインで相談

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。