子どものミカタ

今までの当たり前や常識の価値観を外せない理由|オンライン子育て相談

LINEで相談する

今までの当たり前や常識の価値観を外せない理由|オンライン子育て相談

今までの当たり前や常識の価値観を外せない理由|オンライン子育て相談

2023/09/27

子育てや教育において、時折、私たちは「当たり前」や「常識」に縛られることにより、時代の変化に合わせた新しいアプローチを受け入れにくい状態になりがちです。

今回のブログでは、なぜこのような価値観にとらわれることが子育てにおいて問題であるかを心理学や脳科学の証拠をもとに分かりやすく説明します。

当たり前や常識の価値観の影響

1. 社会的圧力

多くの親や教育者は、社会的な圧力によって「当たり前」や「常識」に従おうとします。周囲の期待や評価に合わせることが、社会的な受け入れを保つ手段とされます。

 

2. 安心感と予測可能性

「当たり前」や「常識」に従うことは、安心感を提供し、予測可能な状況を築くのに役立ちます。これは、子どもにとって安定感をもたらす一因です。

なぜ問題なのか?

1. 創造性の抑制

「当たり前」や「常識」に固執することは、創造的思考を抑制する可能性があります。子供たちは新しいアイデアやアプローチを試みる機会を奪われることがあります。

 

2. 個別性の無視

一般的な価値観にとらわれると、子供たちの個別性が無視されることがあります。それぞれの子供は異なるニーズや才能を持っており、一律のアプローチが合わないことがあります。

 

3. 成長の制約

「当たり前」や「常識」に縛られることは、子供たちの成長に制約をかける可能性があります。新たな経験や挑戦の機会を奪い、自己発見のプロセスを阻害します。

新たなアプローチの重要性

子育てや教育において、新しいアプローチやアイデアに開かれることは重要です。以下の方法で「当たり前」や「常識」から解放され、柔軟な価値観を育てましょう。

 

子どもの興味を尊重: 子どもの個別の興味や好奇心を尊重し、それを育てる機会を提供しましょう。

自己探求の支援: 子どもたちが自分自身や世界を探求する機会を提供し、自己発見を助けましょう。

失敗を許容: 失敗を恐れず、むしろ学びの機会として捉える文化を醸成しましょう。

新しいアイデアの奨励: 子どもたちが新しいアイデアやアプローチを提案しやすい環境を作りましょう。

 

「当たり前」や「常識」に縛られない柔軟な価値観を持つことは、子どもたちの成長と創造的思考を奨励し、未来のリーダーや革新者を育てる基盤となります。子どもたちの新しい可能性を開かせためにも、価値観を見直してみませんか。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。