子どものミカタ

思春期の親子関係で悩まないために|思春期の親子のコミュニケーション

LINEで相談する

思春期の親子関係で悩まないために

思春期の親子関係で悩まないために

2024/01/06

最近、思春期のお子様の悩みについて相談を受けることが続いています。

思春期は、親子関係において特にデリケートな時期であり、この時期に生じる問題は、後の親子関係に長く影響を及ぼす可能性があります。そこで、思春期の親子関係で必要なことと、子どもの思春期を迎えるまでに親がしておくことについてまとめてみました。

悩みを抱える親子の共通点を見てみると、多くの場合、コミュニケーションの問題が根底にあります。

思春期の子どもは自我が発達し、親からの独立を求め始めます。しかし、これにより親子間で意見の食い違いや誤解が生じやすくなります。加えて、親御さん自身も子どもの成長に伴い、適切な関わり方に戸惑いを感じることがあります。

特に思春期で悩んでいる方に共通して言えることは、心の余裕を持てないことによる不安が大きいということです。

では、今、できることは何でしょうか?

まずは、以下の点に注意を払うことが重要です。

子どもの話をよく聞くこと:子どもの意見や感情を大切にし、一方的な指示ではなく、話し合いを通じて理解を深めましょう。

 

子どもを批判しないこと:子どもの行動や意見を否定せず、理解しようとする姿勢を示し、励ます言葉や肯定的なフィードバックを与えましょう。

 

子どもの自立を支援すること:子どもが自分の決断を下し、行動する機会を与えましょう。これにより、子どもは自分に自信を持ち、自己効力感を育てます。

 

信頼関係を築くこと:子どもが自分の考えや悩みを話しやすい雰囲気を作り、信頼関係を強化しましょう。

*特に思春期の子どもに「手を引く」ことを意識しましょう。

子どもを信じ、「手を引く」ということは、とても難しい挑戦ですが、その自立を促すためには、必要不可欠です。子どもに自分で考えるチャンスを与え、自立心を育てるためには、適切な距離でサポートすることが大切です。

 

まずは、子どもに自分でやらせてみて、子どもが困ったときだけ、必要なアドバイスや手助けを提供しましょう。

思春期を迎える前に、「手を引く」練習をすることも重要です。

日常の小さな決定を子どもに任せる:何を着るか、どのおもちゃで遊ぶかなど、日々の小さな選択を子どもに任せてみましょう。

 

失敗から学ぶ機会を提供する:子どもが失敗したとき、それを学びの機会として捉え、失敗を恐れずに挑戦することの大切さを教えます。

これらの練習を通じて、子どもは自分で物事を考え、行動する力を少しずつ育てます。親としては、子どもが自立していく過程をサポートし、必要な時には適切なアドバイスや手助けを提供することが重要です。

これにより、子どもは思春期に入る時に、自分の判断で物事を進める能力を備えていることが期待されます。

 

大切なことは、思春期の子どもとの関係は一朝一夕に築かれるものではありません。持続的な努力、忍耐、そして何よりも子どもへの無条件の愛と支持が必要です。

親子で共に成長し、互いの変化を受け入れることで、親子関係はより深まり、丈夫な絆が育まれていくことをお忘れなく。

「子どものミカタ」では、親子間のコミュニケーションやお子さんの感情表現、日々の行動に関する質問を通じて、親御さんの育児方法を振り返るためにチェックシートを作成し、プレゼントしています。

「自身の育児アプローチを診断してみませんか?」診断シートは、ここをタップ!で受け取れます。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


オンライン上でコーチング相談

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。