子どものミカタ

トモの好奇心と家族の葛藤物語(前編)|親子関係の悩み、子どもの自立、子育ての悩み

LINEで相談する

トモの好奇心と家族の葛藤物語(前編)

トモの好奇心と家族の葛藤物語(前編)

2023/12/14

親としての役割は、子どもの年齢とともに変化していきます。時には、親自身身の恐れや不安に直面し、それを乗り越える必要もあるでしょう。

トモは、その輝く目といつも何かを発見しようとする姿勢で、周囲を魅了する10歳の少年でした。彼には、日々の生活の中で新しいことにチャレンジする好奇心が満ち溢れていました。

 

しかし、その一方で、彼の世界は、母の過度な心配と、父の厳しいルールによって狭められていました。母はいつもトモが小さな怪我をしないか、悪い友達に影響されないかを心配していました。父は、勉強と家のルールを最優先し、トモが外で遊ぶ時間を厳しく制限していました。

これらは全てトモの安全と幸福を願ってのことでしたが、その結果、トモは少しずつ自分の内側に引きこもるようになっていました。

学校では、トモは授業に集中し、成績も良好でした。彼はいつも好奇心を抱いていましたが、両親の心配や規則によって、その好奇心を外で発揮することはほとんどありませんでした。友達との関わりも限られており、彼はしばしば自分だけの世界に没頭していました。

 

彼はいつも何かを探求する心休み時間には、友達とわいわいと遊ぶ代わりに、一人で図書室で本を読んでいることが多かったのです。彼の好奇心は、本の中の様々な冒険物語でしか満たされないようでした。

ある放課後のこと、トモの親友ユウキがワクワクする提案をしました。「トモ、秘密基地を作ろうよ!」ユウキの目は冒険の予感で輝いていました。トモは一瞬ためらいましたが、ユウキの誘いに心を動かされ、「うん、いいね!」と答えました。

 

二人は学校の後、村の端にある小さな森へと冒険に出かけました。彼らは自分たちだけの特別な場所を作る計画に夢中になり、普段の生活で感じていた制約から解放されたように感じていました。

 

「ここにロープブリッジを作って、あそこに見張り台を!」ユウキが目を輝かせながら提案しました。トモも「こっちに秘密の入口を作ろう!」と興奮しながら提案を加えました。二人は夢中で秘密基地の構想を練り、森の中で自由に遊び始めました。

 

この秘密基地の計画は、トモにとって長い間抑えていた好奇心と創造性を解放する大きな転機となりました。しかし、これが彼と彼の家族にとって、思いがけない変化をもたらすことになるとは、まだ誰も知らなかったのです。

トモの秘密基地作りが進むにつれて、彼の家では少し異変が起き始めました。

 

トモが普段よりも外で遊ぶ時間が長くなり、家にいる時も何かを考えている様子が明らかでした。これに対し、彼の両親は不安を感じ始めていました。

 

母は、トモがいつも家にいるはずの時間に帰ってこないことに心配を深め、「何か危険なことに巻き込まれていないか」と疑念を抱きました。父も、トモの様子の変化に気づき、彼が何をしているのか、どんな友達と遊んでいるのかを知りたがっていました。

 

しかし、両親の心配とは裏腹に、トモは秘密基地での時間を心から楽しんでいました。ユウキと共に、自分たちだけの空間を作り上げることに、彼はこれまでにない喜びと充実感を感じていました。彼にとって、秘密基地は自由と創造性の象徴であり、親の目が届かない場所で自分自身を表現する場となっていました。

この新しい経験は、トモの中で何かを変え始めていました。

彼は自分の意見を持ち、自分の決断に自信を持つようになってきたのです。この変化は、やがて家族の中でも明らかになっていきます。明日は、トモの変化によって引き起こされる家庭の変化を描きます。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。