子どものミカタ

子育てにおけるジレンマを脳科学と心理学で解き明かす方法|オンライン子育て相談

LINEで相談する

子育てにおけるジレンマを脳科学と心理学で解き明かす方法|オンライン子育て相談

子育てにおけるジレンマを脳科学と心理学で解き明かす方法|オンライン子育て相談

2023/09/25

最近、「子どもを見ているとジレンマが起きます」。この感情を処理したいのですが、どうしたらいいでしょうか?」という質問をいただきました。

あなたは、ジレンマを感じることはありますか?それは、どんな時に感じますか?

本日は、ジレンマの感情を解消するための方法を心理学と脳科学の観点からお伝えいたします。

ジレンマとは何か?

ジレンマは、子育てにおいてよく経験される感情の一つです。これは、親が自分の期待や子どもへの思いと、実際の子どもの行動や選択が一致しないと感じる心の葛藤です。例えば、子どもが自分の選んだ進路について異なる意見を持つと、親はジレンマを感じることがあります。

 

ジレンマを生む心理学的要因

ジレンマを感じる原因は、親が子どもに対して過度の期待を抱いたり、自身の価値を子どもの成功に結びつけたりすることにあります。しかし、子どもの行動や選択は、彼ら自身の発達段階や経験に基づいています。親が子どもに求めることと、子どもが提供できることが一致しないことは、自然なことなのです。

 

ジレンマと脳科学

脳科学的には、親の感情やストレスが子どもに影響を与えることがわかっています。親の脳がストレスホルモンを分泌すると、子どもの脳にも影響が及び、子どもは不安やジレンマを感じやすくなります。したがって、ジレンマを解消するためには、親のストレス管理が重要です。

ジレンマを解消するためのアプローチ

自己認識と受容: 親は自分自身の期待や感情を振り返り、子どもの成長と個別性を尊重することが必要です。子どもは個別の個体であり、親の期待に応える必要はありません。

 

コミュニケーション: 子どもとのオープンで尊重されたコミュニケーションを促進しましょう。子どもが自分の気持ちや考えを表現できる場を提供することは、ジレンマの解消に役立ちます。

ストレス管理: 自身のストレスを管理し、リラックスやメンタルヘルスのケアに時間を割り当てましょう。親がリラックスしていると、子どもも安心感を得ることができます。

子どもの個性を尊重: 子どもは個別の個体であり、成功の定義も異なります。子どもの強みを見つけ、それを伸ばすサポートを提供しましょう。

ポジティブなメッセージ: 失敗やジレンマは成長のチャンスであり、悩みは学びの機会です。親からのポジティブなメッセージが子どもの自己成長に寄与します。

ジレンマを解消することは、子育ての道のりをより健康的に進める手助けになります。子育ては親子ともに学びと成長のプロセスであることを忘れずに、前向きに取り組んでみましょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


子育ての悩みをオンラインで相談

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。