子どものミカタ

優しすぎるママへ|オンライン子育てコーチング

LINEで相談する

優しすぎるママへ|オンライン子育てコーチング

優しすぎるママへ|オンライン子育てコーチング

2023/06/27

「あの人のように自分の怒りや悲しみの感情をストレートに出せると、スッキリするだろうな〜」

「あの人のように、自分に自信があれば、自分の意見を堂々と言えるのにな〜」

「『〇〇して〜』と言えたら、もう少し楽になるのにな〜」

そんなことを感じたことはありませんか?

他人からは、「自分の気持ちを素直に出せばいいのに」「もっと自信を持ったらいいのに」「手伝ってもらいたいことがあれば、遠慮せずに言ってね」と声をかけてもらうし、自分でも、そうした方がいいとわかっています。

 

しかし、正直に言ったら相手が傷つくことがわかっているから、自分が我慢すれば丸くおさまるだろうと思い、自分の感情を押し込めてしまいます。

 

相手にどう思われるだろう?相手はどう感じるかな?と考えると、自分の意見を言うよりも相手の話を聞く側になってしまいます。

 

相手に迷惑や負担をかけるかな?と思ったら、自分でやることを選択しようとするのです。

 

そのように感じてしまう原因は、あなたが「優しすぎる」からです。

 

他人に優しいと言うのは素晴らしい性格の一面です。

そんな素晴らしい優しさがあるがために、自分を苦しめたり追い詰めたり、時には自分を傷つけたりしてしまうことがあります。

 

だから、その優しさをなくすことはありません。

 

その素晴らしさを上手に自分のために活かせていないだけです。自分のためにその優しさを使えるように、一緒に考えませんか?

では、実際にどのように対処すればいいのでしょうか?

自分の感情の出す方法を見つける
 感情をストレートに表現することに抵抗がある場合でも、他にも自分の気持ちを素直に伝える方法があります。自分の感情を受け入れ、自分に合った表現方法を見つけましょう。自分の優しさを活かせる方法で、感情をスッキリさせることができます。 
自信なんてなくていい 
自分が自信を持っていなくても、相手が認めてくれることで自信は自然と育まれます。自分が大切にしたい気持ちを持ち続け、行動を起こし続けることで、自信が徐々についてきます。自分自身を信じ、自分の意見や価値を大切にすることが重要です。
助けてもらうことは人助
 誰かのお役に立つためには、誰かに頼ってもらう機会が必要です。自分が他人の助けを借りることで、相手の喜びや満足感を与えることができます。
また、自分自身も他人に頼ることで助けを受けることができ、協力し合うことの大切さを実感できます。人は一人では完璧には生きていけない存在ですので、助けを求めることは自然なことです。

あなたが、自分自身を大切できるようになることで、あなたの優しさが、より活かすことができます。

優しすぎるあなただからこそ、あなた自身を大切にしてあげてくださいね。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。