子どものミカタ

無意識のうちに使っている言葉が、子どもの成長を妨げている?|オンライン子育てコーチング

LINEで相談する

無意識のうちに使っている言葉が、子どもの成長を妨げている?|オンライン子育てコーチング

無意識のうちに使っている言葉が、子どもの成長を妨げている?|オンライン子育てコーチング

2023/05/16

子育てにおいて、気付かずに犯している間違いの一つが、「否定的な言葉」の使用です。

子どもに関する研究によると、否定的な言葉は子どもにストレスや不安を与え、発達に悪影響を与えることが分かっています。

 

例えば、「ダメ」と言われると、子どもは自分が悪いことをしてしまったと感じ、自己否定的な思考を抱いてしまいます。このような価値観が、虐待やいじめの原因になることもあると言われています。

否定的な言葉の使用が子どもたちのストレスや不安につながり、虐待やいじめの原因になることがあることは言うまでもありません。

 

これらの問題が放置されると、子どもたちは閉じこもりや精神的な問題に苦しむ可能性があると指摘されています。

子どもたちの心理的な健康を考える上でも、肯定的な声かけやサポートが重要であることは言うまでもありません。

一方、子どもに対して肯定的な言葉をかけることは、彼らの自尊心や自己肯定感を高め、将来的には幸福感や成功への意欲につながることが、研究によって明らかにされています。

 

否定的な声かけは自分の不快感や不満を直接伝えることができるため、簡単であり、またその場しのぎの対応としてもよく使われます。

なぜ、人は気がつがすに否定的な言葉を使ってしまうのでしょうか?

歴史的に、日本を含め多くの国では、忍耐や我慢は美徳とされ、強い精神力を持つことが尊敬される傾向がありました。また、子育てにおいても、親自身が我慢強くあることが、子どもにとって良い影響を与えると考えられてきました。

そのような社会や文化的な影響が大きいだけでなく、人間の脳の構造的な問題や生得的な性格傾向、過去の経験や習慣などが影響して、否定的な声かけが、知らず知らず習慣化され、無意識に否定の言葉を使うようになっています。

そのため、肯定的な声かけをするためには、否定的な言葉を使う習慣を変える必要があります。

肯定的な言葉を使うことを繰り返し練習することで、脳の神経回路が変化し、肯定的な声かけが自然と出てくるようになります。

 

肯定的な声かけの練習方法はいくつかありますが、以下の方法が効果的です。

肯定的な声かけの練習方法
質問に肯定的に答える
子どもが何か質問をしてきた場合に、できる限り肯定的に答えるようにしましょう。
ロールプレイ
否定の言葉が出そうな場面を想像して、ロールプレイをしてみるのも良い方法です。
練習用のカードを作る
否定的な言葉を書いたカードを作り、カードからランダムに1つ選び、肯定的な声かけに変換して言う練習します。

子どもたちの成長につながる肯定的な声かけを積極的に取り入れて、子育てに取り組んでみましょう。

また、否定的な言葉を使わないように注意しているつもりでも、社会や文化的な影響によって無意識に使ってしまうことがあるため、自分自身を振り返ることも大切です。

次回は、親の自己理解の大切さについてお話しします。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。