子どものミカタ

子どもの自主性を育てる重要なポイント

LINEで相談する

子どもの自主性を育てる重要なポイント|オンライン子育てコーチング

子どもの自主性を育てる重要なポイント|オンライン子育てコーチング

2023/04/22

こんにちは。

今日は「子どもの自主性を育てたい」という願いを持つ方へ、重要なポイントについてお話しします。

あなたは、子どもの自主性を育てるためには、何が必要だと思いますか?

自主性を育む“質問力”の良い悪い。

子どもの自主性を育むには、子どもが自ら考え、自信を持って表現することが大切です。

そのためには、大人のサポートが欠かせません。

しかし、教育現場でも、自主性を育むつもりが、

逆にその成長を妨げてしまうことがしばしば見られます。

 

ある時、保育園の先生が子どもたちに

「今、何をしているのか考えてみてね」と声をかけた光景がありました。

この声かけは、おそらく自主性を育むためのものだったのでしょうが、問題があります。

どこが問題かわかりますか?

 

子どもの自主性を育むには、子どもたちが自ら考えたことを“実現する機会”が必要です。

もし、子どもたちが考えたことを実現できなければ、自主性は育ちません。

それどころか、子どもたちにとってマイナスになってしまいます。

 

そのようなマイナスの影響が続くと、子どもたちは自分で考えることをやめ、

大人の言うことを素直に聞くことしかできなくなってしまいます。

それに気づかず、大人たちは、自分たちが望む行動をする子どもたちに安心してしまいます。

 

もう一つの危険な落とし穴は、

子どもに「今、何しているの?」と質問することが

自主性を育むことにつながると思い込んでしまうことです。

ただ質問をするだけではなく、行動を促し、子どもたちに自分で考え、

実行する機会を与えることが大切です。

”質問力”の質の向上が、子どもの自主性の育みにとても影響するのです。

ただ自分のことを客観視するのは、難しいですよね。でも安心してください。

ただいま 『質問力診断』を無料で実施していますので、ぜひこの機会に、LINE登録して無料診断を受けてみてくださいね。

『質問力診断』と言っても、堅苦しいものではなく、茶話会のような雰囲気ですので、お気軽に、ご参加してくださいね。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。