子どものミカタ

無意識の判断は正しいけれど、解釈を間違える|子育ての悩み解決

LINEで相談する

無意識の判断は正しいけれど、解釈を間違える

無意識の判断は正しいけれど、解釈を間違える

2024/01/01

私たちは日々、数え切れないほどの選択をしています。朝起きる時刻から夜の就寝時刻まで、私たちの一日は無数の決断の連続です。

特に注目すべきは、意識的ではなく無意識に行われる選択の多さです。無意識の判断はしばしば正確でありながらも、その解釈を間違えるリスクが存在します。

では、なぜ人は無意識に最善と思われる選択をするのでしょうか?

人間の直感や無意識は、意識下では捉えきれないほど複雑で、時に驚くべき力を発揮します。直感的な判断は、長年の経験や学びからくる深い理解に基づいており、無意識の選択は、私たちが気づかないうちに、自身の価値観や過去の経験に深く根ざしています。

 

しかし、私たちはしばしばこれらの無意識の選択の背後にある意味を誤解することがあります。

無意識の選択は、私たちの過去の経験、価値観、感情に大きく影響されていますが、その解釈が誤っている場合、問題を引き起こすことがあります。

 

例えば、ある母親は自分の倫理観や価値観から、娘の行動を今、解決しなければ、「娘が将来立派な人に育たないかもしれない」という不安を抱えていました。

彼女はこの問題を他人に相談することを避け、解決策を自分自身で見つけるべきだと無意識に判断していました。それは、娘の行動が改善されれば自分の内面の問題も解決されると考えていたからです。

 

しかし、実際には、娘の行動を客観的に見ると、それは成長過程において必要な出来事でした。

母親も頭ではこれを理解していましたが、娘に対する心配の気持ちが強すぎて、ただ見守ることが難しい課題になっていました。

結果として、娘に対する不安で、娘を信じる気持ちや自身のストレスで、心の余裕が持てずにいました。しかし、母親が自身の不安な気持ちと向き合うことで、問題解決は娘ではなく自分自身にあると気づくことができました。

 

この事例から学べることは、無意識の判断が正しいことが多いものの、その解釈には注意が必要であるという教訓です。

表面的な行動や言動に留まらず、その背後にある深層の感情や問題に注意を払うことが重要です。

自己の内面に耳を傾け、自己と他者との関係を深めることで、より充実した人生を送ることが可能です。

 

無意識の選択を理解し、その解釈に注意を払うことは、自己認識を高め、より良い意思決定に繋がることでしょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


オンライン上でコーチング相談

子育ての悩みをオンラインで相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。