子どものミカタ

子どもたちへの質問アプローチの誤解|子育て相談ブログ

LINEで相談する

子どもたちへの質問アプローチの誤解

子どもたちへの質問アプローチの誤解

2023/12/31

子どもたちとのコミュニケーションは、彼、彼女らの成長にとって非常に重要です。

特に質問の仕方は、子どもたちの自己表現と内省を促す鍵となります。

しかし、間違った質問のアプローチは、意図せず子どもたちにストレスを与えます。

今日は、「子どもたちに効果的に質問をする方法」と、「避けるべき質問のパターン」についてお話しましょう。

子どもたちに効果的に質問をする方法

効果的な質問のアプローチ

1. 開かれた質問を使う

子どもたちの思考を刺激し、自由に意見を表現するために、「どうして?」や「それから?」といった開かれた質問が有効です。これにより、彼らの考えや感情を理解しやすくなります。

 

2. 子どもの答えを尊重する

どのような答えでも、子どもたちの意見を尊重し、受け入れる姿勢が大切です。これにより、子どもたちは自信を持って自分の考えを表現できるようになります。

 

3. 子どもの思考を促進する

子どもたちの思考や感情を深めるために、彼らの答えに基づいてさらに質問を展開することが重要です。

しかし、注意が必要なのは、「どうしてこれをしたの?」や「どうしたらいいと思う?」といった質問です。これらは子どもたちに特定の答えを強いる可能性があり、自己表現を制限することにつながります。また、これらの質問は、子どもたちに不必要な圧力をかけ、ストレスを引き起こす原因になることもあります。

特定の答えを強いる質問の危険性

実践の重要性

このような質問のアプローチを自然にできるようになるには、訓練が必要です。大人は、子どもたちの反応に対して、常に意識的であることが求められます。また、子どもたちの成長をサポートするために、常に学び続ける姿勢が重要です。

 

子どもたちへの質問のアプローチは、彼らの自己表現と成長を促進し、健全な心の発達に貢献します。子どもたちとの対話を通じて、彼らの思考や感情の深い理解を目指しましょう。

まとめ

1: 子どもたちの心を開く質問の力✨

「子どもたちとの対話は、彼らの成長にとって重要。質問の仕方一つで、子どもの自己表現と内省が大きく変わります。開かれた質問を使って、子どもの思考を刺激しましょう。」

 

2: 質問の罠に注意⚠️

「“どうしてこれをしたの?”といった質問は、子どもに特定の答えを強いる可能性が。子どもたちの答えを尊重し、彼らの自信を育むことが大切です。」

 

3: 子どもたちとのコミュニケーションのコツ🌈

「子どもたちの意見を尊重し、彼らの考えを深める質問を。一緒に成長し、健全な心の発達をサポートしましょう。」

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。