子どものミカタ

子どもの嘘にどう対応すればいいの? - 年齢別の理解と対応のアプローチ|子育て相談、子育ての悩み解決ブログ

LINEで相談する

子どもの嘘にどう対応すればいいの? - 年齢別の理解と対応のアプローチ

子どもの嘘にどう対応すればいいの? - 年齢別の理解と対応のアプローチ

2023/12/28

子どもが嘘をつくことは、親御さんや教育者にとって、育児における大きな課題の一つです。

 

子どもが嘘をつく理由は成長過程で異なり、それぞれの段階に適した対応が必要です。

本記事では、子どもの成長段階に応じた嘘の理由と、それに対する適切な対応方法を具体的な事例を交えて解説し、さらに嘘を強く叱ることのネガティブな影響についても掘り下げます。

3歳~4歳

想像と現実の境界

この年齢の子どもは、空想と現実の区別がつかないことがあります。

3歳の子どもが「空から降ってきたドラゴンがお菓子を食べた」と言う場合、これは空想の産物であり、子どもにとっては「嘘」という概念ではありません。

5歳~7歳

自己防衛と社会的理解

子どもは嘘をつくことの道徳的・社会的意味を学び始め、自己防衛や罰を避けるために嘘をつくことがあります。

6歳の子どもが学校でのいざこざについて「僕は何もしていない」と嘘をつくことがあります。

8歳以上

複雑な動機と認知の発達

子どもの嘘はより複雑な動機に基づくようになり、社会的規範や他者の感情をより意識するようになります。

9歳の子どもが成績に関して「テストは全部良い点だった」と嘘をつく場合があります。

親の対応のポイント

全年齢に共通: 嘘を理解し、叱るだけでなく、子どもとの対話を重視します。

幼い年齢層: 想像力を肯定しつつ、現実と空想の区別を優しく教えます。

学齢期: 嘘の背景にある感情や動機を探り、正直さの価値を教えます。

嘘を強く叱ることのネガティブな影響

 

信頼関係の喪失: 子どもは叱られることにより親や教育者を信頼しなくなることがあります。

自己表現の抑制: 自分の本当の気持ちや考えを表現することを恐れるようになります。

不安やストレス: 常に叱られる環境で不安やストレスを感じ、心の健康に影響を受けることがあります。

問題行動の発生:子どもが自己の感情を適切に処理できない場合、反抗的な行動や他の問題行動を引き起こすことがあります。これは、感情を健全に処理する方法を学べなかった結果として生じることがあります。

真実を語ることへの恐怖:常に嘘を強く叱られると、子どもは真実を話すこと自体が怖いと感じるようになるかもしれません。これは成長して大人になっても続く可能性があり、人間関係や職場でのコミュニケーションに影響を及ぼすことがあります。

まとめ

子どもの嘘に対する健全な対応は、彼らの心の成長と社会的スキルの発達において非常に重要です。

子どもの行動の背後にある感情や動機を理解し、指導することで、より健全な成長をサポートすることができます。信頼関係の構築と対話を重視することで、子どもの正直さを育むことができます。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。