子どものミカタ

育児は完璧じゃなくてもいい、頑張りすぎない方が重要。なぜなら・・・|子育て相談電話

LINEで相談する

育児は完璧じゃなくてもいい、頑張りすぎない方が重要。なぜなら・・・

育児は完璧じゃなくてもいい、頑張りすぎない方が重要。なぜなら・・・

2023/11/17

子育ての日々は予定通りに進まないことが多く、これが慌ただしさの一因です。しかし、「もっと頑張らなければ」と自分に厳しく問いかける前に、深呼吸して、小さな休憩をとることの大切さを忘れないでくださいね。

 

日本の成果を重んじる教育風土において、「完璧でなければならない」という圧力は避けがたいものですが、ここで一つの視点転換が必要です。

心理学者マーティン・セリグマンの「ポジティブ心理学」の研究によると、完璧主義を手放し、自分の「良いところ」に焦点を当てることで、幸福感は大きく向上すると言われています。これは育児においても同じです。

 

例えば子どもが初めて「ママ」と言った瞬間や、初めての一人歩きなど、小さな成功は、親の私たちの心に大きな喜びや幸せをもたらしたことでしょう。

 

育児における「完璧」を追求することは、手の届かない星空を手に入れようとするようなものです。星が遠くにあるからこそ美しいように、私たちの日々の努力も、小さな欠点があってこそ、人間らしい温かさを持ちます。

 

たとえ家事が完璧でなくても、子どもと過ごす質の高い時間は、私たちと子どもにとって計り知れない価値があります。「完璧じゃなくてもいい」と自分に言い聞かせることは、育児のプレッシャーを軽減するだけでなく、子どもたちにも人生には多様性があり、それぞれのペースもあります。

 

脳科学者によれば、リラックスした状態が学習に最適だとされています。これは大人だけでなく、子どもにも当てはまります。リラックスすることで、新しい視点が生まれ、創造性が湧き、そして何よりも、日々の小さな喜びを見つけることができます。


このエッセイを読んでいるあなたに、今夜、試してほしいことがあります。 子どもたちが寝静まった後、静かな時間を見つけて、ただ5分間、今日一日に感謝してみてください。

 

子どもが新しい単語を覚えたこと、あるいはあなたが予定通りに夕食を作ることができたことなど、どんな小さなことでも祝福し、自分の完璧でない部分を受け入れてください。これは、明日に向けての活力になるだけでなく、自己愛を育む練習にもなりますよ。

 

自分を愛することを学んだ私たちの子どもたちは、将来、自分自身と他人をもっと温かく受け入れることができるでしょう。育児において“完璧”を求めることは、自分自身と子どもたちの本質的な幸福を見逃すことになるかもしれません。だから、今日も、そして明日も、「完璧じゃなくてもいい」と心に留めて、育児に頑張りすぎないでくださいね。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

子育ての悩みをオンラインで相談

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。