子どものミカタ

子育てにおいての“叱り方”の工夫|オンライン保育士

LINEで相談する

子育てにおいての“叱り方”の工夫|オンライン保育士

子育てにおいての“叱り方”の工夫|オンライン保育士

2023/10/21

躾において、叱ることが育成に不可欠だと信じている人が多いのではないでしょうか?しかし、叱ることでの実際の効果は、どのくらいあるのでしょうか。

本日は、子どもの成長に効果的な声かけを一緒に考えてみましょう。

叱ることの効果的な方法についての考察

恐怖を呼び起こす叱り方は、一瞬で結果を出すように見えますが、そのメリットは短期的で、長い目で見れば悪影響を及ぼします。

叱ることのメリットは、相手に一時的に言うことを聞かせることができる点にあります。しかし、恐怖に頼る叱咤激励は、子どもの心に深い傷を負わせ、ネガティブなイメージを植え付けます。

 

たとえば、こんな声かけをしていませんか?

「がんばって!」

「もっと集中しなさい」

「もっと早くやりなさい」

「何でそんなことをするの!」

「前にも言ったでしょ!」

「何回言えば分かるの」

これらの言葉は、子どもの成長のためにという意図があっても、子どもには恐怖感やプレッシャーを与えたり、子どもの心を傷つけてしまう可能性があります。

 

親しみや共感を感じさせるためには、言葉の選び方が重要です。子どもの気持ちや視点を尊重し、ポジティブなアプローチを心がけたいですね。

 

アリストテレスは、人間の論争が過去、現在、価値観の3つに集約されると述べました。つまり、未来にフォーカスしたコミュニケーションが重要です。例えば、次のような声かけです。

「それを選んだ理由は?」

「〇〇とバツバツ、AとBどっちがいい?」

これらの質問は、子どもに選択の自由を与える一方で、自己価値感を高め、共感を促します。心理学的には、共感を感じると、相手を良い協力者として捉えることが分かっています。

 

育児において、言葉の力は大きな役割を果たします。

言葉の使い方を工夫することで、親子関係が、更によくなることでしょう。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


子育ての悩みをオンラインで相談

しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。