子どものミカタ

告白〜25年間の保育現場を離れた本当の理由〜|オンライン子育てコーチング

LINEで相談する

告白〜25年間の保育現場を離れた本当の理由〜|オンライン子育てコーチング

告白〜25年間の保育現場を離れた本当の理由〜|オンライン子育てコーチング

2023/06/09

私は25年間、保育の現場で子どもの成長をサポートする仕事に携わってきました。

子どもの成長に関わることが非常に喜びを感じ、プライベートの時間も保育についての自己啓発に充てることが楽しいと感じていました。

 

最後に勤務した保育園では、子どもの自律を保育の基本として掲げていました。

しかし、子どもたちが自主性を持って行動できるように育てることに真剣に向き合うほど、現場での保育に違和感を感じるようになりました。

子どもたちの幸せを願い、何が大切なのか、それには何をすべきかを強く考える一方、なかなか叶えられない現場に苛立ちを感じ、私は大きなストレスを抱え、苦しむことになりました。

園長の指示に従って淡々と仕事をすることや、大人の期待に応えるために指導を行うこと、一生懸命に取り組むことを避けて適当に仕事をすることなど、ストレスから逃れる方法はいくつもありました。

しかし、「子どもを真ん中に置いて話し合う」という私の信念を実現できなければ、私のストレスは解消されないということを自覚していました。

そのため、私は自分の想いを実現することを諦めず、自己投資を惜しまず、数々の失敗や課題から学び、解決策を模索し、試行錯誤を重ねながら、大人の成長をサポートすることができるようになりました。

 

最初は自信がなく、他人にとって本当に価値のあるものになるのか不安な気持ちで子育てサポートを始めましたが、実績を積むにつれて、確かな自信が生まれ、「子どものミカタ」として、自信を持ってサポートを提供することができるように成長しました。

 

しかし、私がこの仕事に取り組む真の理由は、私の子どもが自分の青春を捧げる代わりに教えてくれた、子育てにおける一番大切なことを無駄にしたくないからです。

 

我が子が教えてくれたことによって、多くの子どもたちの未来を守ることの重要性に気づかされました。

私がサポートさせていただいた方々からの「ありがとう」という言葉をいただくたびに、子どもたちの未来を守ることに気づかせてくれた我が子の経験に価値が付き、また、それを伝える私の存在意義を感じるエネルギーをいただいています。

 

それは私にとって、我が子が捧げてくれた体験を無駄にすることなく、多くの子どもたちの未来を守ることを果たしたいと想う情熱の原点です。

 

私がサポートさせていただいた方々から「ありがとう」という言葉をいただくたびに、私の子どもの経験に対する感謝の気持ちをいただいています。

私の存在やサポートが子どもたちの成長や幸せに寄与できること私のやりがいであり、子どもたちの未来を守ることが私の情熱であり、喜びでもあります。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。