子どものミカタ

大人が子どもにはしない行動を平気でする理由を科学的に検証してみた|オンライン子育て相談

LINEで相談する

大人が子どもにはしない行動を平気でする理由を科学的に検証してみた|オンライン子育て相談

大人が子どもにはしない行動を平気でする理由を科学的に検証してみた|オンライン子育て相談

2023/05/23

おはようございます。子育てを科学する「子どものミカタ」のイサカユキです。

大人が子どもに対して普段は避けるべき行動をしてしまう理由

「なぜ大人が子どもに対して普段は避けるべき行動を平気でするのでしょうか?」

本日は、その理由を解明するために、科学的な研究事例を取り上げながら、わかりやすく説明いたします。

 

実験の一つでは:子どもが自分の意見を述べようとすると、大人が中断したり無視したりするケースがありました。

この行動は権力関係の一環で、大人が自身の意見を優先するための行動です。

心理学的な研究では、権力を持つ人は自身の行動を正当化しやすくなる傾向があることが示唆されています。

 

また、知識や経験のギャップによる行動の違いも重要です。

大人は子どもよりも豊富な経験や知識を持っているため、子どもが理解できないと思われるような行動を取ることがあります。

 

たとえば、子どもの年齢的には、まだ早すぎると判断される活動や行動を大人が平気で行うことがあります。

心理学的な研究では、知識や経験のギャップが大人の行動に影響を与えることが示されています。

 

さらに、社会的なジレンマも大きな要素です。

社会は大人と子どもに対して異なる行動規範を持っています。

大人には特定の責任やルールが求められ、一方で子どもには大人とは異なる自由度が与えられることがあります。

この社会的な期待や規範に基づき、大人は子どもには許されない行動をすることがあります。

心理学的な研究では、社会的なジレンマが大人の行動に与える影響が明らかにされています。

 

これらのエビデンスや心理学の観点を踏まえると、大人が子どもにはしない行動を平気でする理由には、権力関係や知識・経験のギャップ、社会的なジレンマなどが影響を与えることが明らかにされています。

しかし、さまざまな要素や背景が関与するため、全ての大人の行動が科学的に説明可能であるとは限りません。

ただし、大人としての責任や影響力を持つ立場にあるからこそ、大人が子どもに避けるべき行動を平気でする理由を科学的エビデンスと心理学の観点で検証し、適切な行動を心がけることが重要です。

 

子どもとのより良い関係や環境を築くために、子どもの良いモデルとなる一貫性と思慮深い行動を心がけたいですね。

子どもとより良い関係や環境を築くための具体的な手段や対策

コミュニケーションの重要性
子どもの意見や感情に耳を傾け、尊重する姿勢を持ちましょう。
積極的に質問を投げかけ、子どもが自分自身を表現できる環境を提供しましょう。
共感と理解
子どもが抱える悩みや困難を真剣に受け止め、サポートする姿勢を持ちましょう。
子どもが安心して自分自身を表現できるような関係を築くことが大切です。
一貫性と信頼性
大人自身が一貫して適切な行動をとることで、子どもはモデルとして学びます。
また、子どもとの信頼関係を築くことで、子どもは大人に対してよりオープンになります。
教育的アプローチ
大人が子ども適切な行動を教える際には、理解しやすい言葉や具体的な例を用いることが効果的です。
愛情とサポート
子どもが自信を持ち、心身の成長を促すためには、愛情的な関係が欠かせません。

子どもさんとの適切なアプローチを試すときに、ぜひ上記の点を参考にしてみて下さいね。

これらの手段や対策を実践することで、お子さんとの関係が向上し、お子さんの全な発達や幸福感を促進することができます。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


しつけの悩みをオンライン相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。