子どものミカタ

子どもの才能を見落としてしまう原因(その1)|オンライン子育てコーチング

LINEで相談する

子どもの才能を見落としてしまう原因(その1)

子どもの才能を見落としてしまう原因(その1)

2024/01/15

子どもは無限の可能性を持って生まれてきますが、その才能に気づくかどうかで、子どもたちの今後の人生を大きく変える可能性があります。

才能を開花させるためには、いくつかの重要な要素が存在します。

才能を見落としがちな原因を理解し、その才能を開花させるための三つの重要な要素のうち、本日は、1つ目を深く掘り下げていきましょう。

《1つ目は、環境の重要性です。

 

子どもたちは無限の可能性を持って生まれてきますが、その可能性を最大限に引き出すためには、適切な環境が不可欠です。

ここで言う「環境」とは、単に物質的な豊かさを超えた、子どもが自己表現でき、自由に探求できる状況を指します。この概念を理解するために、料理の世界の比喩を考えてみましょう。

 

高級食材を使っても、それを活かす技術がなければその価値は十分に発揮されません。一方で、平凡な材料でも、技術と創造性があれば素晴らしい料理を作り出すことができます。

この比喩は子どもの才能にも当てはまります。子どもの才能は、その子にとっての「素材」のようなものです。この素材を最大限に活かすためには、子どもが自らの興味を追求し、試行錯誤する過程で失敗から学ぶことを許容する環境が必要です。

 

例えば、子どもが絵を描くことに興味を持った場合、その絵の技術的な正確さを評価するのではなく、創造的な表現を奨励し、自由に描かせることが重要です。その結果、失敗したとしても、その経験から学ぶ機会として捉えるべきです。

 

しかし、多くの大人は子どもの失敗に対して抵抗感を持ちます。これは一見、子どもを守りたいという愛情から来るように思えますが、実はそれだけではありません。しばしば大人は、自分自身の快適さやメリットを優先させてしまい、子どもの自由な探求を制限してしまいます。しかし、子どもが新しいことに挑戦し、失敗から学ぶ過程は、彼らの成長にとって貴重な体験です。私たち大人は、子どもの学びの機会を奪うことなく、失敗を受け入れ、そこから何を学べるかを一緒に考えることが、子どもの才能開花には不可欠です。

 

したがって、子どもたちの才能を発揮させるためには、なぜこれまでその才能に気づけなかったのか、その原因を探ることが鍵です。それには、私たち大人が自分自身の態度や行動を振り返り、私たち大人が抱える先入観や制限を取り除くことで、子どもたちは本来の自分を発揮できるようになります。また、この過程は、子どもたちだけでなく、私たち大人にとっても学びの機会となります。

 

まとめ

子どもの才能開花は、単に教育の問題ではなく、私たちの意識とアプローチによるものです。

私たちが自分の考え方を変え、子どもたちが持つ才能の「素材」を最大限に活かす環境を整えることが、彼らの可能性を十分に引き出す鍵です。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

オンライン上でコーチング相談

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。