子どものミカタ

子どもの未来に影響する親の視点とは!? |オンライン子育て相談

LINEで相談する

子どもの未来に影響する親の視点とは!? |オンライン子育て相談

子どもの未来に影響する親の視点とは!? |オンライン子育て相談

2023/10/15

子育ては我々親の選択肢の連続です。親の選択は、子どもたちの未来に大きな影響を与えます。今回の記事では、新たな視点を提供し、親が子どもの未来にどのような影響を与えるかについて考えてみましょう。

 提供側 vs. 消費側の視点

世の中には提供する側と消費する側の2つの側面があります。消費する側は、良い商品を安く手に入れることを追求しますが、提供する側は自身の能力やアイデアを活かし、経済的な成功につなげることを考えます。親が新たな視点として提供する側のアプローチをとることは、子どもたちに創造性、起業精神、そして独自の価値観を育てるのに役立ちます。

 

変化の必要性 かつては一つの企業に就職し、定年まで勤務し、年金で安定した老後を過ごすモデルが主流でしたが、現代社会は変わり続けています。この変化に適応するために、親は提供する側としての視点を持つことが重要です。新たなアプローチを模索し、柔軟性や創造力を子どもたちに育てる視点が求められます。

 

教育の進化

従来の教育は企業に就職し、その企業に必要なスキルを育てることに焦点を置いていました。しかし、現代社会は急速に変化しており、教育方法も進化する必要があります。親は新たな教育の方向性に気づき、子どもたちに柔軟性や問題解決能力を育てる視点を持つことが重要です。

具体的な例として、STEM(科学、技術、工学、数学)教育を導入することで、子どもたちの未来への準備をサポートできます。

 

早い行動が鍵

変化に適応するためには早い行動が不可欠です。新しい思考は経験と積み重ねによって形成されます。子どもの性格は遺伝子に影響を受けますが、環境や学びも大きな役割を果たします。親は早い段階から新たな視点を子どもたちに示し、その思考を育てることで、彼らの成長に良い影響を与えることができます。

 

新たな視点の重要性

子どもの未来を考える際には、ミクロ的視点で、子どもたちが社会で活躍する時代に向けた思考を形成する必要があります。時代の大きな変化に対応できるよう、新たな視点を持ちましょう。親が提供する側としての視点を強調し、子どもたちが自己成長し、新しいアイデアを育む力を養うことが、彼らの未来への貢献となるでしょう。

まとめ

この記事では、時代の大きな変化に対応できるよう親の新たな視点についてお伝えしました。 親の視点は、子どもの未来に与える影響は大きいからこそ、新たな視点を持つことが必要ではないでしょうか。 「家庭共育」について、一緒に考えませんか。

「家庭共育の勉強会」のご案内をLINEでしています。

無料勉強会なので、ご気楽にご参加いただけます。

----------------------------------------------------------------------
子どものミカタ

代表: 井阪 有希
〒596-0825
大阪府岸和田市土生町
電話番号 : 090-5901-6133


教育方針のお悩みはオンラインで

----------------------------------------------------------------------

幼稚園教諭5年・保育士20年目

才能クリエイト協会上級コーチ
株式会社マインズ 社員コーチング

コーチング実績は2,000人を超え、現在は、実践練習ができるワークショップも主催

子育てのストレスを科学的に理解するマンガを制作中!

 

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。